世界一周の前の確定申告~準確定申告について

世界一周の出発前にやらなければならない事のうちの1つに準確定申告というものがあります。

%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e7%94%b3%e5%91%8a

準確定申告とは

確定申告は年に1回2月16日~3月15日の間に前年度の税金を申告するために行いますが、準確定申告は、その時を待たずして確定申告を行うことを言います。

主に、海外へ転勤してしまう人や死亡してしまった人のための制度です。

世界一周行く前にやるべきことのうちの1つにこの税金を確定させるための申告を税務署へだす必要があります。

スポンサーリンク

準確定申告はどうやるの?

準確定申告は確定申告とほとんど同じ要領で行います。

税務署のHP

難しく書いてありますが、確定申告は簡単です。

書類を準備して税務署に行って申告するだけです。

2月16日~3月15日の間にやる確定申告は、この時期に皆確定申告を行うので、税務署はかなり込みますが、その他の時期なら税務署職員がかなり丁寧に教えてくれます。

準確定申告に必要な書類

準確定申告に必要な書類は以下になります。

  • 源泉徴収票(所得がある人)
  • 生命保険等の金額がわかる書類
  • 印鑑
  • 銀行口座がわかるもの

保険などに入っていなければ、必要なのは所得があれば、源泉徴収票だけです。

印鑑と銀行口座は当然持っていると思いますので。

上記の書類を持って、税務署へ行き、海外へ行くので準確定申告をしたいと言えば案内してくれます。

ちなみに海外へ行くのは、失業保険(失業給付金)を貰ってからという人もいると思いますが、失業保険は所得に入りませんので、申告する必要はありません。

準確定申告ができない人は

有給休暇期間から海外へ出国するケースや源泉徴収票が会社から中々送られてこなくて、税務署へ行く時間が無かったという人も、税金の確定申告はしないといけません。

その時は納税管理人という者をたてる必要があります。

これは納税することを代わりにこの人に委託しますよ~という申請みたいなものです。

これをすることによって、代わりに確定申告しますということになります。

詳しくは国税庁のHPをみると詳しく載っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存