海外でクレジットカードを無くしてしまったらするべき3つのこと

lost

海外旅行でクレジットカードを無くしてしまったら

海外でクレジットカードやお財布をなくしてしまったら大変ですよね。

しかも、まず何をやっていいかわからないと思います。

もし、無くしてしまったらしなければならない事を綴ります。

スポンサーリンク

クレジットカード会社へ連絡

第一にやるべきことはクレジットカード会社へ連絡しましょう。

不正利用されないためにも、気づいたらまず連絡しましょう。

海外で電話をかける事は大変だと思いますが、クレジットカード会社のヘルプデスクは年中無休で対応をしています。

※クレジットカード会社の電話番号は事前に調べておくかネットで調べましょう。

海外からの電話は国際電話になってしまいますが、ほとんどのクレジットカード会社のヘルプデスクはコレクトコールに対応していますので、国際電話の料金など気にせずにかけましょう。

海外から日本へのコレクトコールのかけ方とその金額を徹底解説
海外では意外と便利なコレクトコールとは? 通常、電話は電話をかけた側が通話料を支払います。コレクト...

海外から日本へ国際電話をかけるには国番号が必要になります。

日本の国番号は+81なので、0123-456-789に電話をかける場合は、最初の0をとった番号に+81を付けます。

この場合は、+81-123-456-789になります。

クレジットカード会社に伝えることは、紛失(盗難)してしまったこと、いつ無くしたのか、最後の利用はいつなのか、をしっかり伝えましょう。

大抵のクレジットカードは入会時に盗難・紛失時の不正利用の保険に入っているので、不正利用されたときも、その金額を補償してくれると思いますが、一刻も早くクレジットカード会社へ連絡しましょう。

警察へ届出

出来れば、警察へ届出たほうがいいでしょう。

クレジットカードだけを無くしたなら、クレジットカード会社へ連絡し、止めてもらうだけでいいですが、お財ごと無くしたなら、クレジットカード意外にも免許証や銀行のキャッシュカードなども入っているかと思います。

不正利用だけでなく、クレジットカードは海外では身分証の代わりとして使われることも多く、犯罪に使われるケースも少なくありません。

できるだけ、警察へ届けたほうが良いです。

現地語や英語が使えなくても、大丈夫です。

警察もマニュアルがあるので、財布を無くしたと伝えれば、マニュアルの対応をしてくれます。

この時に、ポリスレポートが発行されます。

もし、保険などに加入していれば、このポリスレポートがあれば保険請求ができるので、紛失物があればポリスレポートを警察に書いてもらいましょう。

クレジットカードの再発行

クレジットカードを止めただけでは自分で使うときにも困るので、再発行手続きをしましょう。

再発行されたカードは最初に登録した自宅の住所に届きますので、海外旅行中はそのクレジットカードを使うことはできませんが、日本に帰ってきたら再発行されたカードを使用することは可能です。

もし、失くしたと思ったカードが見つかった場合は、再発行後なら古いカードは破棄しましょう。

再発行前ならクレジットカード会社へ連絡すれば再度使えるようになるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存