入国のためのVISA・ESTAの取得方法

arrival

入国するにはVISAが必ず必要なの?

海外へ行く時に、国によってはVISAが必要になることがあります。

このVISAは入国許可証のことで、入国前に取得する必要があります。

入国するために必要ではありますが、全ての国で必要とするわけではありません。

特に日本は諸外国からの信頼もありますので、日本のパスポートを持っていれば短期の旅行なら世界153カ国はVISAなしで行くことができます。

これは欧米諸国の先進国レベルで世界的にはかなり優遇されていると思っていいでしょう。

※外国人が日本に来る時にも国によってはVISAが必要です。

もちろん、就労や留学等はVISAが必要になるケースがほとんどです。

スポンサーリンク

どの国がVISAが必要

日本のパスポートはかなりの効力があり、ほとんどの国なら大丈夫ですが、やはり必要な国もあります。

これはその例の国々です。

  • インド
  • インドネシア
  • カンボジア
  • エジプト
  • ロシア
  • ブラジル
  • オーストラリア
  • カナダ

他にももっとありますが、旅行へ行く可能性の大きいものはこのくらいだと思います。

格安航空券からノーマル運賃航空券、各国ビザ申請や海外ホテル手配、豊富な旅行商品と経験・知識を活かし、お客様にとって最適な海外出張手配サービスを提供いたします。

また、アメリカはVISAは必要ないですがESTAというものが代わりに必要になってきます。

VISAやESTAはどうやって取得するの?

基本的にはVISAの発行は大使館・領事館が行なっています。

基本的と言ったのは、空港で発行ができる国があったり、入国前にインターネットで取得したりすることができるからです。

もちろんインターネットでできる国は限られています。

オーストリア(ETAS)とアメリカ(ESTA)、カナダ(eTA)です。

VISAの発行

VISAの発行ですが、日本にいる場合は海外旅行へ行く国の大使館・領事館へパスポート・申請書・証明写真・お金・その他を持っていきます。

必要な金額や申請用紙等は各国によって違いますので、取得される方は各大使館・領事館に問合せしたほうがいいと思います。

例えば、ロシアのVISAを取得するには、バウチャー・申請書・パスポート・写真・お金(2週間前なら無料)が必要です。

必要書類を領事館へ持っていき、パスポートなどを預けて、VISAが発行されたら取りに行く必要があります。

ESTAの発行

ESTAやその他の電子許可証はインターネットで個人で取得するのがいいでしょう。

そちらのほうが安いですし、ESTAは僕も自分で取得したことがありますが、とっても簡単です。

時間にして10分もあれば取得できます。

初めてでも、日本語のサイトがあるので、大丈夫です。

ESTA申請が日本語で24時間申請可能。【ESTA申請(エスタ)手続きサービス ESTA ASIA公式日本語版サイト】ESTA)は🗽アメリカ入国に必須です。米国合衆国エスタ(電子渡航認証システムエスタ)ESTA申請サービス アメリカ合衆国(ハワイ含む)への渡航前に申請して下さい。ESTA申請の記入例や書き方などを解説受...

このとき必要なのはパスポートとクレジットカードです。

オーストラリアはちょっと特殊で、申請料は無料ですが、システム使用料がかかるという、本当によくわからないです。

また、自分で申請するよりも代行業者を使ったほうが安いという情報もありました。

国外でのVISA発行

海外にいて、陸路もしくは空路で入国したいが、日本でVISAの発行をしていないというケースもあるかと思います。

これは主にバックパッカーか海外駐在員のケースになると思いますが、VISAがとれないわけではありません。

これも日本にいるケースと同じで、大使館か領事館で取得しましょう。

日本でもそうですが、即日発行されるケースはほぼないので、時間に余裕を持ってVISAを発行しましょう。

海外でVISAを発行するときにも証明写真は必要なので、証明写真を余分に持っていくか、必要になった都度作りましょう。

アプリで撮影し、プリントアウトするだけでも可能です。

【節約】証明写真をアプリで作ったら、30円で作れてしまった
少し前までは証明写真と言ったら、写真屋さんか駅前にあ...

VISAの発行はできるだけ時間に余裕を持って調べるのがいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存