長距離バスを快適に過ごすためのアイテム

bus

長距離バスを少しでも快適に

長距離バスは移動手段として、とてもいいです。

金額は安いし、夜中も走るので次の日を有効に使えます。

しかし、デメリットとして疲れるし、眠れない。

横にイビキの煩い人が来たらたまったもんじゃないです。

ここから紹介するアイテムは少しでも快適に過ごせるように、また他人に迷惑をかけないようにするためのアイテムです。

スポンサーリンク

リラックス用品

少しでも快適になるための用品です。

アイマスク

アイマスクは遮光性のものがいいと思います。

また、少し高くてもシルクのような肌触りの良いものがいいです。

眠るまでに気になると眠るまでの時間がかかるので、出来るだけ肌触りの良いものがいいです。
アイマスク シルク

ネックピロー

これは必需品です。

普通に眠ると起きた時に若干首が痛くなりますが、これはそれを軽減してくれます。

無いより絶対あったほうがいいです。

マスク

意外とバスの中は乾燥します。

朝起きた時に喉が痛くなったりするので、マスクは持っていったほうがいいですよ。

あとイビキをかくひとは音の軽減にもなるので、人に迷惑をかけないためにも付けてほしいです。

耳栓

耳栓は防音性の高いものがいいです。

100均にも売っていますが、はっきり言って500円のものとだいぶ差があります。

Amazonに売っているものだと500円で評価が高いものもあります。

値段も少しの差しかないので、500円くらいのちょっと良い物を買ったほうがいいです。

スリッパ

靴は足が蒸れますし、むくみます。

できれば、サンダルでもいいので、靴を履いたままはやめましょう。

おそとでメディキュット ハイソックス

加圧の靴下を履くとむくみがでにくいらしいです。

飲み物

飲み物は必需品です。

途中で飲み物が無くなると、自分の都合でバスは泊まってくれないので、500mlのペットボトルは持っていきましょう。

飲み物でも蓋がついていないタイプは溢れる可能性があるので、やめておいたほうが無難です。

モバイルバッテリー

20000mAhモバイルバッテリー

モバイルバッテリーは重要です。

暇があればスマホを使う人は特にです。

最近のバスにはコンセントやUSBがついているものもありますが、窓側にしかなかったり、コードが届かずに使えない位置だったりというケースもあるので、あったほうが無難です。

朝起きたら電池が切れているとかは最悪なので、予備に持っていきましょう。

寝間着

寝るときにはできるだけリラックスした格好が好ましいです。

それに脱ぎやすい格好がいいです。

バスの中はエアコンの状況と人の乗車率、窓側かどうかでかなり温度が違います。

快適に眠るためには、体温調節がしやすい格好がベストです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存