【MVNO】スマホのキャリアを格安Simに変えたら毎月8,000円節約できた

phone

世界一周のために携帯のキャリアを変更

世界一周するにあたって、携帯のキャリアを変更しました。

今まではスマホ本体の金額を合わせて、約1万円/月に支払っていたのですが、キャリアを換えてから約2,000円/月になりました。

これは日本で生活しているときの金額です。

スポンサーリンク

海外に長期滞在する

海外に長期滞在するという予定もあり、月額料金の安いMVNOを探していました。

僕はiPhoneユーザーであって、iPhone3Gのときから使っていましたが、Androidの性能も上がってきたので、この際Androidへ変更することを決めました。

もちろんiPhoneのほうが好きですが、値段の高さと画面のサイズが大きくなってきていたため、変えるきっかけにはなりました。

海外へ長期滞在するとなると、日本の携帯番号はいらなくなります。

しかし、携帯番号でLINEやSNS関係は残しておく必要がありました。

携帯番号の預かりサービスというものがありますが、これを使うとその間は電話番号を使うことができません。

SNSなどで送られてくる情報もありますので、月額料金が安いSim業者を選ぶ必要がありました。

僕がSim業者を選ぶポイントとなったのが以下の点です。

  • スピードが遅くない
  • docomo回線
  • プランが豊富
  • 安い
  • 海外へ行くことを想定

これを満たしている業者はFreetelでした。

Freetel:使った分だけ安心プラン

Freetelはdocomo回線をつかったMVNOです。

スピードも遅いわけではありません。

むしろ、使いたい放題を謳っている業者の方が口コミではスピードに制限がかけられると聞きました。

プランが豊富なわけではありませんが、使った分だけ安心プランは使ったデータ使用量に応じて金額が変わる珍しいプランです。

他の業者のプランは3Gや5Gなどデータ使用量が最初に決められていて、それを越すと使えなくなったり、制限されたりします。

それ以上使うには追加料金を支払う必要があります。

僕はそこらへんを気にしたくなかったので、データ使用量に応じて料金が請求されるプランはぴったりでした。

ちなみに僕は使っても8Gもいかないユーザーなので、これでちょうど良かったです。

もっとヘビーユーザーの人や全然使わない人はもっとあったプランがあると思います。

ちなみに使った分だけだと海外へ行ったときは料金が最低料金になるので、月額999円と1,000円を切れるのも魅力的でした。

そんな海外へ行くことを想定してキャリアを換えたのですが、思ったより使い勝手が良かったです。

Freetelに変えた感想

スピードは全然遅いと感じません。

むしろ早く感じますし、docomo回線のため今まで電波が入りにくかったところや田舎に行っても問題なく使えます。

キャリアからMVNOに換えたのでキャリアのメールアドレスが使えなくなってしまいましたが、友達と連絡を取るのはほとんどがLINEやFacebookなどのSNSなので、全く問題がありません。

キャリアメールアドレスが変ってしまうので、登録していたメルマガやAmazonなどは変更しましたが、良く使うところのみの変更としました。

その代わりGmailをこれからは主体として使っていくことにしました。

月額使用料は驚くほど安くなりました。

1万円→2,000円にまで落ちたので、月に8,000円も節約できました。

このうちスマホの機種代金も入っていたので、実際は6,000円くらいの節約です。

僕は契約の更新月まで待ってからキャリアっを換えたのですが、これほど安くなるなら、違約金を払っても早めに変えるべきでした。

6,000円の節約であれば、違約金とMNP事務手数料を支払っても、3ヶ月でお釣りがきます。

MNP事務手数料はどちらにしてもかかるので、もし格安Simに変える気があるなら、更新月が2ヶ月以内以外の人は変えることをお勧めします。

本当にMVNOにして、不便に感じたことは無いので(最初のメールアドレスの変更くらい)、考えている人にはお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存