コムローイ祭り最終日

スポンサーリンク

コムローイ祭り最終日

メインイベントが昨日、終わり本日が最終日です。

昨日はメイン会場であるメイジョー大学までレンタルバイクで行き、ホテルに到着したのが夜の11時過ぎでした。

メイジョー大学からは夜10時頃には街に着いていましたが、川で灯籠流しをやっていたので、それを見たりしていたので帰りが遅くなってしまいました。

その疲れから午前中はホテルでゆっくりとしていました。

スポンサーリンク

ホテルを移動

お祭り期間であるため、この時期のチェンマイはほとんどのホテルに空きがありません。

僕らも連泊することができなかったので、近くのホテルにの移動だけしました。

※この時期のチェンマイの宿の前日予約はお勧めできません。移動してもいいのならどこかしらホテルは空いています。

連日の宿の移動は荷物をパッキングする時間や移動する時間がもったいなです。

僕らはAM中はゆっくり休んで、ツアーデスクに象乗りのツアーとトレッキングを予約し、宿の移動とバイクの返却に当てました。

ツアーは一人1250バーツ(約4,000円弱)で象・トレッキング・首長族・イカダ下りがある一日のツアーです。

チェンマイハッピーツアーという所で予約しました。

ここのツアーデスクの人に聞いたのですが、旧市街の周りで打ち上げられるランタンもすごい綺麗だったと言っていました。

僕らはメイジョー大学のコムローイ祭りに行ったので、その動画を見せると、やはり規模自体はメイジョー大学で行われるほうが断然、大きいとのこと。

見応えもそちらのほうがあるとのこと。

そして、チェンマイに来たらパーイ(PAI)というところもいいという情報を聞きました。

チェンマイからバンで4時間くらいかけていく所なのですが、バックパッカーの聖地とも呼ばれるところらしいです。

PMからもホテルでゆっくり

タイの日中はとてつもなく日差しが強いです。

日陰は風が通れば気持ちいいのですが、日向はとんでもなく暑いです。

僕らは昨日の疲れと暑さでホテルから出るのも嫌になりました。

今後の予約も取れたので、後は夜のお祭りまでやることがありません。

ホテルは思ったよりも綺麗だったので、そのまま夕方までダラダラしてました。

15057310_633855683463770_3783160571893907456_n

僕らが泊ったホテルはターペー門という所のすぐ傍です。歩いて一分くらい。

近くにセブンイレブンもあるし、スタバもあります。

お祭りのパレードが始まった

お祭りのパレードはターペー門から始まって、ホテルの前を通りチェンマイ市庁舎までパレードがあります。

これが7時からスタートなのですが、時間通りに始まりません。

僕らは時間がもったいないと思い、パーイまでのバス(バン)チケットを予約しに、旅行代理店を探しに行きました。

相場は150バーツ(500円)くらいですが、自分でバスターミナルまで行かなきゃならないので、旅行代理店を通せば、ホテルまでのピックアップ付で180バーツなので、旅行代理店で頼みました。

チェンマイハッピーツアーではバスチケットを扱ってなかったので、そこらへんの代理店に頼みました。

チェンマイは小さな町ですが、至る所に旅行代理店やレンタルバイクショップがあります。

バスチケットも予約できたので、パレードが進んでいるか戻ってみると、意外と始まっていました。

でも、それほど見応えはないように思いました。

チェンマイ旧市街付近でもランタンを飛ばしている

街の至るところでランタンを飛ばしていますが、数が多いほど綺麗です。

チェンマイの旧市街から歩けるところで、一番ランタンを多く打ち上げていたのはピン川にかかっている橋から多く打ち上げられていました。


このNawarat Bridgeというところで多くの人がランタンを打ち上げていました。

もし、メイジョー大学のほうまで行く気力はないが、ランタンの打上は見たいという人がいたらここがお勧めのポイントです。

ランタンは近くで売っている人もいます。

値段は20バーツから80バーツまで差がありました。

20バーツは小さいものです。

平均して50バーツくらいが一番多かったような気がします。

80バーツは橋の近くの値段でした。

お祭りが終了

お祭りの終了時には、交通規制もとれて、普段通りのチェンマイに戻りますが、規制が解けた瞬間の車の混みようはすごいです。

僕らは歩いて帰れる距離でしたが、車でホテルまで戻るようなら渋滞にハマるかもしれません。

気を付けてください。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存