パタヤからバンコクへ戻ります

パタヤからバンコクへ

パタヤからバンコクに帰るには、行きの逆のルートをたどれば戻れます。

行きのルートはこれです。

バンコクからパタヤに108バーツで行く方法(バス)
バンコクからパタヤに108バーツで行く方法 バンコクからパタヤまでは108バーツで行くことができます。しかも時...

↑バスターミナルの場所も確認できます。

僕らの宿はウォーキングストリートの端のほうなので、バスターミナル(バスステーション)からかなり離れていました。

行きはバスターミナルから、60バーツ(180円)で中心地まで来ましたが、今回はバイタクに乗った場所が離れているので、交渉の結果100バーツ(300円)でバスターミナルに戻ることができました。

map

日中で歩くのが嫌だったのと、楽さをとったら十分な値段だ。

img_4385

バイタクはスリル満点で楽しい。

スポンサーリンク

バスターミナル到着

99aef852-1490-41a1-bc57-1bc807a26c9e

バスターミナルの外観。

img_3661

ソンテウが待機している。

こいつらは結構ふっかけてくる。

img_3663

バイクが多すぎ。

img_3664

過剰なドライバー。

チケット購入

ef4e34fd-286e-4da3-a3b7-f1c1af1a72ff

チケット売り場。

ここでエカマイから来た値段と同じ1人108バーツでパタヤからバンコクまで戻ることができる。

このパタヤから出ているバスはモーチット(Morchit)、Southern、Huahin、Mukdahanに行くことができるっぽい。

僕らは到着してからすぐにチケットを買った。

出発時間は30分後。

それまで近くのファミマに行ったり待合所で時間を潰した。

待合所では

img_3667

待合所には、食べ物やフルーツが売っていたりフードコートっぽいものもあった。

img_3671

ここではライスとカレーと1品で30バーツ(90円)からと激安だ。

img_3670

僕らは時間がなかったので食べてないがちょっと美味しそうだった。

ここでトイレ(有料3バーツ)だけ済まして時間になったのでバスに乗り込んだ。

時刻はチケットにも書いてあるし、電光掲示板でも確認できる。

img_3669

少し壊れていて、エカマイだけ確認しずらい。

昼間の時間帯なのに、バスは満員行きとは違い欧米人は少なくタイ人と中国人が多かった。

2時間もしたらバンコクのエカマイバスターミナルに到着。

シェムリアップへのバス

ここでカンボジアのシェムリアップへのバスの予約を試みるが、聞いてみると発着場所はモーチットという北バスターミナルの出発になるとのこと。

北バスターミナルはエカマイのバスターミナルと違い、電車の駅から遠い。

僕はエカマイバスターミナルから出発すると思っていたので、計画がかなり違ってくる。

エカマイバスターミナルではシェムリアップへの政府系バスの予約はできるが、乗り場はモーチット(北バスターミナル)なので注意が必要。

予定ではエカマイバスターミナルはスカイトレインという電車のすぐ近くにあるので渋滞もなく移動できる。

そのため近くの宿を取ろうと思っていたが予定が狂った。

少し予定の変更を余儀なくされた。

※バーツの計算は約3円で計算しています。実際のレート次第で前後します。

タイでのインスタグラム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存