【夜行バス】ホテルバスでシェムリアップからプノンペンまで移動

夜行バスでシェムリアップからプノンペンまで移動

アンコールワットのあるシェムリアップから、カンボジアの首都プノンペンまではバスで行くことができる。

昼間のバスもあるが、夜発のバスもありどちらか選ぶことができる。

img_3916

ホテルであった料金表

これによると、バス会社によって値段がかわる。

僕らが使ったGiant Ibisというバス会社は15ドルだが、昼間発と夜発がある。

もっと安いバスだと13ドルや10ドルというのもあったが、ホテルスタッフにお勧めを聞いたらGiantのバスだったのでそれにした。

更に安いバスも発見した。

Capitol Tourというバス会社は驚きの5.5ドルもあった。

img_4571

これが驚きの料金表。

img_4572

運航会社はCapitol Tour。

スポンサーリンク

集合場所

らはお勧めのGiantの夜行バスで行くことにした。

夜行バスはホテル代を浮かすことができるのと移動が夜中なので次の日も観光できるからだ。

バスの集合場所はここでした。

グーグルマップはバスの場所を探してもみつかりませんでした。

img_4576

集合場所にはバスが数台あるが、係員がいるのでチケットを見せればどのバスに乗るか誘導してくれる。

バスタイプ

d4876b62-60b7-4ee4-a286-36fb080b03bd

カンボジアの夜行バスは、日本でいう夜行バスタイプとホテルバスという完全に横になれるフラットタイプのバスがあります。

僕はホテルバスという存在を知らなかったが、予約したらこのタイプのバスでした。

72a9c345-e007-4a73-8499-a2c6c02704c8

完全にフラット。

1人の予約なら、左側。

2人で予約したら右側の列になる。

約はホテルで代行してやってもらったが代理店でやるのと値段は変わらず1人15ドルだった。

ダブルブッキングに注意

ダブルブッキングに注意してください。

僕がバスに乗り込んだら、予約している僕らの席に既に人が寝ている。

予約表の席は間違いなく、ここだったので席が間違っているのでは?と思い、聞いてみたが、むこうも同じバスチケットを持っている。

完全にダブルブッキングされました。

すぐにスタッフに言ったが、スタッフもどうなっているかわからないのでオフィスまで行きました。

僕らの席にいたアメリカ人のおっちゃんもだ。

確認したところ、ダブルブッキングはバス会社の手違いでした。

僕らの泊まったホテルから入金の確認がとれなかったので、同じ席を売ってしまっていたらしい。

ちゃんと確認しろよ。と思いつつ、その席は入金の済んでるおっちゃんの席になった。

僕らのホテルからの入金が確認できないので、そのまま待たされましたが埒が明かないのと出発時刻になるので、何とか席を確保してくれました。

運よく、他に空いている席があったので良かったです。

もし、席が満員だったらどうするのか?と思いつつ、言われた席へ。

残りの席だったので、少し狭い席でした。

タイヤの上の席だったので若干縦のスペースがない。

他の席は座ることができるが僕らのはちょっと厳しい。

でも、寝る分には問題ない。

5db21e69-dfc3-4174-9945-3891c016ae34

あまりの席は少し上にあり、座るスペースがとれない。

常に頭が天井に当たるほどの狭さ。

でも、横にはコンセントが付いていたので、スマホの充電ができました。

4f4afeac-f3f1-4dce-9b3c-9a434e86142b

余りの席はトイレの横で夜中にトイレに人が来ると起きてしまいます。

寝てもちょくちょくは起きてしまうが普通の夜行バスよりはよく寝れた。

プノンペン到着

朝の5時半にはプノンペンへ到着。

到着場所はここになります。

img_4577

朝だと人がいなくてどうしようと思いますが、バスが着いたらトゥクトゥクの熱い歓迎を受けます。

みんなバスから出たら群がってきますので、ホテルが遠い人はトゥクトゥクで送ってもらえます。

img_4578

市内のトゥクトゥクの相場は2ドルですが、朝なのでプラスで取られるかもしれません。

後は交渉次第です。

プノンペンでの観光はキリングフィールドというところがお勧めです。決して楽しい観光地ではありませんが、歴史を学ぶことができます。

次回はキリングフィールドへの行き方をご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存