ホーチミン市内から空港へバスで安く行く方法

ホーチミン市内からバスで空港へ行く方法

ホーチミンの市内から空港へ行くのはバスを使うのが圧倒的に安い。今回は、どこで乗るのが一番いいかも含めて説明しましょう。

僕はこの人のブログでだいたいの事を調べました。

ホーチミン市内から市バスで空港へ。意外と簡単!?ベンタイン市場からタンソンニャット空港まで市バスで行ってみよう!

ちょっとわかりずらいところとかを追記します。

スポンサーリンク

ホーチミン市内のバス乗り場

まずはホーチミン市内のバス乗り場はベンタイン市場の南側にあるバスターミナルが一番わかりやすいと思います。

グーグルマップでは、【ホー・チ・ミン・バス。センター】で検索すると出てきます。ここはベンタイン市場の南側で、ベンタイン市場からは大きな道路を渡らないといけません。

僕はベンタイン市場へ2度ほど行きましたが、ここの事は知りませんでした。ベンタイン市場からは、ロータリーがあってバスセンターのことは見えないかもしれません。

後ろは大きな道路なので、これがバスセンターだとは気づかなかったです。

タンソンニャット空港へ行くには152番のバスに乗ります。僕は152番のバスとしか知らなかったので、152番のバス乗り場を探しているとバス乗り場は二つあります。

英語で表記されてもいないし、空港のマークすらありません。ちゃんと行先を確認しましょう。

【TAN SON NHAT】としっかり確認しましょう。

152番のバス停はベンタイン市場側から見て、手前2個目と奥から2番目の二つあり、奥から2番目のレーンが正解です。

ベンタイン市場を背に向け、南側を向いたとき、バスの進行方向は左側になります。

掲示板が薄く行先がわかりずらいです。これに乗り込み、50分くらいしたら空港へ到着です。

僕が乗ったのは昼間でしたが、昼間はほぼ確実に渋滞しています。時間に余裕をもって、空港へ行きましょう。

バスの料金

バスの料金は5000ドン(25円)です。

荷物が多いと倍の料金をとられるとのことです。しかし、僕は荷物が多かったのですが、5000ドンしかとられませんでした。

全然混んでなかったからですかね。

バスの到着は国際線ターミナル

バスの到着は国際線ターミナルの端に到着する。国際線利用なら、バスを降りたらすぐの建物に入ればよい。

国内線ターミナルに行くには

国内線ターミナルに行くには、乗ってきたバスの進行方向へ、そのまま歩けば国内線ターミナルに着く。

時間にして、約3分くらいだ。バスと同じ進行方向へ進めば、国内線ターミナルに到着します。

僕はここで、現地民に国内線ターミナルへ連れて行ってあげるから車で行こう!!と言われた。

シャトルバスがあるのかな?と思ったが、駐車場のほうへ歩いて行ったので、これはおかしいと思い引き返した。

日本と違い、国際線ターミナルと国内線ターミナルは近いです。むしろ車に乗ったら遠くなります。

絶対に変な人について行かないようにしてください。

【追記】ホー・チ・ミン・バス・センターまで行くには

ホーチミンバスセンターまでは歩ける距離ならいいですが、タクシーを使ったほうがいいでしょう。

僕はホテルから約2キロ(正確には1.7キロ)ありましたが、タクシーを使いました。

料金は27,000ドン(135円)でしたので、重い荷物を持って汗をかくより、タクシーを使ったほうがいいと思います。

かなり近い距離なので、タクシーの運転手に1回断られましたが、何人かに聞いてみると送ってくれる人もいます。タクシーを使えば、疲れることなく、しかも安価に行けるのでお勧めです。

ベトナムのタクシー料金は日本に比べると安いです。ですが、バックパッカーなどを含めてお金を節約したい人は公共交通機関を使って空港へ行くのもいいと思います。

僕はホーチミンからダナンへ向かいました。ダナンからは世界遺産で有名なホイアンへ向かいました。ホイアンはほぼ毎月ランタン祭りが開催されています。

2017開催日【世界遺産】ベトナムのホイアンのランタン祭り
ベトナムのホイアンという街を知っていますか?このホイアンとい...

ダナン国際空港から市内までは公共交通機関がなく、タクシーしか移動方法がないので注意しましょう。お勧めはタクシー配車サービスのGrabです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存