ホーチミンのタンソンニャット空港でプライオリティパスを使ってみる

プライオリティパスとは

プライオリティパスとは世界の空港900箇所以上のラウンジが無料で使えるパスのこと。

詳しくはこちらの記事で

【ラウンジ使いたい放題】世界中の空港のラウンジが無料で使えるプライオリティパスの正体
プライオリティパスというものを知っていますか?空港のラウンジで「Priority Pass」という文字を...

スポンサーリンク

ホーチミンのタンソンニャット空港

ホーチミンにあるタンソンニャット空港ではプライオリティパスを使うことができる。

タンソンニャット空港には国際線ターミナルと国内線ターミナルがあるが、両方ともにプライオリティパスが使えるラウンジがある。

国際線ターミナルではORCHID LOUNGEがあり、6時から夜中の2時まで営業している。

場所は手荷物検査が終わって、中に入ったゲート10-14の近くだ。

ここではアルコールと軽食がある。

国内線ターミナルではSASCO BUSINESS LOUNGEがあり、朝4時半から夜11時まで営業している。

こちらも保安検査が終わった後のゲート11の近くだ。

この隣にはベトナムエアーラインのビジネスラウンジがある。

初めてプライオリティパスのラウンジを使った感想【SASCO BUSINESS LOUNGE】

プライオリティパスを取得したのは、楽天のプレミアムカードに無料の特典としてついてきたのだが、初めて使ってみた。

感想は空港のラウンジはこんなにも素晴らしいのか!!!と思った。

成田にもラウンジはあるが、クレジットカードのゴールドカード専用のラウンジだが、これとは比べるまでもない。

かなり快適だった。

これがラウンジの入り口。

中に入ると、プライオリティパスのマークがある。

ここで、プライオリティパスを渡して、カード確認後サインをするだけでラウンジを利用できる。

中に入ってみると、意外と広い。

まず、軽食が食べ放題。

飲み物も飲み放題。

もちろんビールも。つまみもある。

もちろんデザートもある。

スイカがあったが、今まで食べたスイカの中で一番おいしかった。

ビジネスラウンジのため、人もほとんどいない。

ソファー席もある。

この他にも、マッサージチェアなんかもある。

初めてビジネスラウンジを利用しましたが、快適でした。

※このあとダナン空港へ行ったのですが、ダナンにはプライオリティパスが使えるラウンジはありませんでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存