僕が世界一周する上で感じた重要な事

世界一周する上で感じた重要な事

僕らが世界一周旅行をするにあたって気をつけたほうがいいことをまとめます。

スポンサーリンク

重要なとこは先延ばししない

世界一周するに当たって重要なことはたくさんありますが、面倒臭くなるとどうしても先延ばししてしまいます。

例えば、飛行機の予約だとか観光地を調べるとか、宿の予約、ビザの取得、いろんなことがありますが、先に決めたほうがいいです。

世界一周中は暇になるから、英語の勉強しよう!とか暇になるから本読もうとか考えますが、実際には暇はあまり無いです。

旅のスタイルにもよりますが、バスの予約や鉄道の予約、言葉が通じないので予約のために現地まで行かなきゃならないし、ネット予約できないものもある。旅であった人とご飯食べたり、外人と遊んだり、疲れから何もやる気がおきなくなったりします。

こんな中、勉強とか本読むとかやる気しません。笑

でも、洗濯だったり、移動だったり観光などやる事は毎日ありますから、重要な事はできるうちにやりましょう。

空港に着いたら(国が変わったら)真っ先にやること

海外に着いたら、僕は真っ先に現地SIMカードを買ってシムフリースマホを使えるようにします。

これでどこでも情報が得ることがてきます。

Wi-Fiだけでもいいですが、Wi-Fiだけだと外にいる時にどうしても調べたいことがあったときに困る事があります。

基本的にはWi-Fiで事前に調べておいて、最悪SIMカードで調べればそんなにデータ通信も使わないし、お金もかからないです。

特にオフラインの英語辞書は持っていたほうがいいです。

入国審査とかわからない単語があったときに重宝します。

お金の管理

現地通貨を得るには、基本的にはクレジットカードの引出しが1番金利が安くすみます。

1カ国目がタイのバンコクならスーパーリッチという両替所がクレジットカードの引き落としよりも安いです。

その分現金を持ち歩かなければならないが、1カ国目がタイのバンコクならスーパーリッチを使わない手はない。

お金の管理はメモするのが1番ですが、クレジットカードで引き出しするとその金額が記録されるので、どのくらい使ったかはわかる。

アジアは基本的にクレジットカードは使えない所が多いので、いくら現金を引き出したくらいしかわからないが、それだけでもわからないよりかはわかる方が良い。

特にマネーツリーというアプリがあれば、登録すれば銀行口座にいくらあるかとか瞬時にわかりますので、重宝してます。

一番いいのはメモすることですが、僕はしません。

嫁さんに全部やってもらいます。

ビザの取得

東南アジアを回りたいと考えるとビザが必要な国があります。

  • カンボジア→アライバルビザ
  • ミャンマー→アライバルビザ
  • スリランカ→アライバルビザ
  • インド→アライバルビザ

僕らは事前にビザを取っていきましたが、どこの国もアライバルビザがとれます。

(ミャンマーは取れるようになりました。)

ビザの情報は変化するので最新の情報を取得するのがいいです。

実際、僕らが調べたときと違うのはインド・ミャンマービザはアライバルがとれるようになりました。

観光ビザ免除の国なら問題ないがビザが必要となると取得することになる。

海外でビザを取得するには大使館に行き、ビザ申請の申請書とパスポートと写真お金を出せばいいが、ビザの発行の時間によってお金が違うことが多々ある。

即日発行なら金額が高くなり、時間をかければ安くなることもあります。

バンコクが1カ国目ならカンボジアやミャンマーなどはビザの発行が必要になるため、行く予定があれば観光をする前にまずはビザの発行を先にやっておいたほうが良い。

→両国ともアライバルビザが取れます。

ビザの発行には、パスポートを預ける必要があるため、その間パスポート無しでいるので、コピーは取っておいたほうがよい。

荷物の整理

荷物を整理することだ無駄な物は極力省いて、最低限の荷物だけにしたほうがいい。

タイなどの東南アジアでは物価がものすごく安く、シャンプーなどは日本より安い(ダヴやダウニーといったブランドも普通に安い)。

そのため日本でわざわざ物を買う必要は全くない。

必要なものは電化製品関係と速乾タオルのみ。

バックを含めて他は全て現地調達のほうが安いです。

ルートの決定

ルートは予め決めておいたほうがよい。

僕らは最初のタイバンコクの飛行機しか予約していなかったが、ルートは先にある程度決めておいたほうがいいと思います。

基本的には街だけの観光なら3日間あれば十分だし、郊外に行くならその分日程をとったほうがよい。

それも行きたいところを先にメモっておくことが重用。

日程を決めたあとに、観光地を調べると、ここも行きたいのに日程が足りない!なんてこともあるので、ある程度の絶対に行きたいところは先に調べて日程を決めるのが良い。

僕らは日程ありきで観光地を決めていたので、日程があれば行きたいと思ったところはたくさんあります。

もし、寄り道をするにしてもある程度決めておけば、予定が立てやすいし飛行機のチケットは早く取れば取るほど安くなります。

特に今は、LCCで旅行すれば驚くほど安いです。

1区間で3000円以下でも飛行機に乗ることができる直前だと高くなるが、早めに取れば安い無駄な出費を抑えることができる。

アジア内だと飛行機に荷物を預けると約1000円少しするが国際線になると約3000円ほど高くなる。

少しでも安く済ませたいのなら飛行機に持ち込めるサイズのバックと重さを考えたほうがいい。

僕らは二人での旅なのでどうしても荷物が多くなってしまったので、荷物料金は仕方ないと思っているが、荷物は軽いに越したことはない。

  • 軽く済ませる方法としては飛行機に乗るときは洋服はなるべく着込む。
  • 液体系は使い切る。
  • 重いものは荷物から外す。
  • 使う機会が少ないものは持っていかない。
  • パソコンなどはブログを更新しない人は持っていかない。

節約について

あとは現地調達する旅をすると予算内で収めないといけないので、どこかで我慢をすると思います。

移動費をケチるか、食費を抑えるか、観光する場所を抑えるか、宿のランクを下げるか、期間を決めてお金が無くなったら帰国すると考えれば使いたい分だけ使うのがいいでしょう。

ぶっちゃけ僕らもお金があればそうしたいですでも予算内で収めるようにいろいろと我慢できるところはしています。

あまり我慢すると体に悪いので我慢というより節約するときは節約するといった感じです。

もちろん安全には気を使っていますので、変なところには行かないのと治安が悪いところはタクシーなどを使うようにしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存