【最安値】クアラルンプールの中心街から空港まで安く行く方法

クアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港は中心地からかなり離れています。

距離にして約50㎞。

スポンサーリンク

移動手段は大きく分けて3つ

クアラルンプールの中心街から空港へ行くには3つの手段がある。

  • タクシー
  • 電車
  • バス

この3つを比較してみようと思います。

タクシー

タクシーは一番楽です。

ホテルから予約すれば、楽に空港まで行けますが、値段が高い。

電車

電車はセントラルステーションから出ています。

時間も電車に乗っている時間は30分程度とかなり早いです。

2017年時点では、1人52リンギット(約1400円)くらいです。

※値上がりしました。

電車の間隔も15分間隔なので、利用しやすいと思います。

バス

発着は電車と同じセントラルステーションから

とにかく安い(1人12リンギット)。約350円くらいです。

バスの4分の1の値段です。でも、その分他の二つと比べ時間がかかります。と言っても、バスに乗っている時間は1時間程度。

僕はバックパッカーなので、今回はバスでエアアジアの発着しているKLIA2(ターミナル2)に行きました。

宿泊施設から空港まで

宿から空港まで行くのに、最安値&楽に行こうとしたらどうしたらいいのか?

僕はチャイナタウンというセントラルステーションから一駅隣のクアラルンプール駅近くに泊まっていました。

これから空港へ向かいます。

チャイナタウンからセントラルステーションへ

楽に行こうとしたら、チャイナタウンからはタクシーを捕まえるのが一番です。

タクシーは交渉制(メーターは使ってくれない)ので、チャイナタウンからセントラルステーションまで交渉したら10リンギット(300円弱)で交渉成立。

最初のタクシーは15リンギットと言っていたので、華麗にスルー。

セントラルステーションまで歩くこともできますが、荷物があるのでタクシーのほうがいいと思いました。

荷物を持って、日中20分以上歩くのはちょっとしんどいです。

クシーに乗る時間は10分程度。

セントラルステーションはチャイナタウンから距離は近いが、タクシー降り場には回っていかないと行けないので、すぐそこに見えるのにと思いながら、タクシー降り場まで少しかかりました。

セントラルステーションのバス乗り場

そしてセントラル駅では駅というよりショッピングモールにちかい。

セントラルステーションのバス乗り場は少しわかりにくいです。

地下にあるので、エスカレーターなどで地下に行きます。

場所はセントラルステーションの南側の地下です。

僕はLCCのエアーアジアに乗るので、空港のターミナルはKLIA 2だ。

降りたそこにバスがいるではないか。しかも赤と黄色のバスがエアポートに行くので、バスの横のチケット売り場で12リンギットで購入。

バスは僕らの目の前で出発したが、すぐに次が来た。そして待つこと10分で出発。

12時にホテルを出て、12時半にバス乗り場到着。

12時40分にはエアポートに向けて出発。順調です。

空港に到着

順調に1時間後(13時40分)にクアラルンプール国際空港に到着。

空港ではラウンジにてゆっくりしました。

僕はプライオリティパスを持っているので、提携のラウンジが使いたい放題。

クアラルンプール国際空港のラウンジはシャワーが付いていて、軽食も食べ放題。

ビールだってある。

クアラルンプールの空港にはラウンジが3つあり、そのうち1つはチェックインする前に入ることが出来る。

そこに入り、チェックインまで軽食と飲み物をいただく。

ビックリしたのはこのラウンジはシャワーもついている。

ホーチミンの空港のほうがご飯は美味しかったが、こちらもまぁまぁ。

そして、とりあえずチェックインの時間になるまで待って、それからチェックインしました。

荷物はいつも通り二人で1つ。

ギリギリ24.5kg。

それから手荷物検査が終わり、違うラウンジへ。

プライオリティパスは同じ空港で、違うラウンジなら同じ日でも利用できます。

クアラルンプールの空港は同じプラザプレミアムラウンジなので使えるかわからなかったが、使えて良かった。

クアラルンプール国際空港に行く最安値はこのセントラルステーションから出ているバスだと思います。

是非、利用してみてください。

まとめ

クアラルンプールから国際空港まではバスが一番コスパが良い。

値段は約350円。

時間は約1時間。

お勧めは、駅まではタクシーを利用して、それからバスを利用すれば安いし早いし楽です。

クアラルンプールの観光地についてまとめてみましたので、観光がまだの人はこちらを見てみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存