【EMS料金】クアラルンプールから荷物を送る方法

海外から日本へ荷物を送る

海外から荷物を送るにはEMSがポピュラーです。

わかりやすく言うとEMSとは日本で言う郵便局のゆうパックみたいなもの。

もちろん海外には、日本で言うヤマトや佐川のような民間の配送業者がいますが、海外から日本へ荷物を送るなら、わかりやすさでポストオフィスが一番です。

スポンサーリンク

EMSの利点

EMSの利点は、追跡できる。

保証あり。

早い。

世界のポストオフィスと連携してる。

これから、僕はEMSをオススメしています。

逆にデメリットは何と言っても値段の高さです。

クアラルンプールから日本へ荷物を送る

僕はある事情からクアラルンプールから日本へ荷物を送らないといけなくなった。

これは軽いもので急いではないけど、日本に送らないといけないものだった。

ちょうど世界一周中で使わない荷物もあったので、一緒に送れないかと考えていたので、この際一緒に送っちゃおうと思っていた。

ポストオフィスからEMSを発送

EMSは海外の郵便局まで荷物を持っていけば、送ることができる

重さによって料金は変わるが、ダンボールなども郵便局で買うことができるので、送りたい荷物を持っていけばいいだけ。

クアラルンプールのポストオフィスはチャイナタウンのすぐ近く。

クアラルンプール駅からも近い。

IMG_6879

クアラルンプールの郵便局はとっても綺麗

日本の郵便局よりも現代的な郵便局だった。

IMG_6884

クアラルンプールのポストオフィスはグーグルマップで【post office】と調べればすぐわかるが、僕が実際に送った場所はここです。

すぐにカウンターに行き、郵送用のダンボールを選び、同時に郵送料を聞く。

絶対に日本に送らなきゃならないアイテムは400グラム。

その他にいらないものは1.2キロあった。

合計で1.6キロ。

それに箱の重量が加算される。

トータルで2キロないくらいだった。

事前に調べていた料金

だいたいの値段を知るために事前に料金を調べておきました。

事前に調べていた料金とかなり違ったため、EMSで送るのを断念。

ネットで調べた料金は以前の料金であり、近年の料金は値上げされていました。

これが料金表です。

日本はZone4(荷物)なので、2.0kgだと149リンギット。

これに20%の税金がかかり、値段が179リンギットとかなり高い。

日本円にして5000円弱。

さすがに高すぎと思って、少し減らしたがそれでも161リンギット。

調べてた値段とだいぶ違う。

まさかこんなに高くなるとは。

値段が違った理由としては税金が20%程かかるらしい。

これが各国のEMSのリンクです。

忘備録のため、リンクを付けておきます。

その他の送る方法

送らないといけなかったため、送った方法はEMSではなくてSAL便なら2週間かかるが、追跡も出来て12.6リンギットで送れると聞いてこちらに変更。

壊れる可能性のある物は普通は、送ることはできないと言われたが、既に壊れているものなのでといい、送ってもらった。

ちょっと不安だけど、一応トラッキング番号もついていた。

最終的に送った方法

最終的に送った方法はEMSではなかったですが、SAL便でも送ることができました。

IMG_6887

送る時には、何を送るのか?など関税関係の紙を書きます。

あまり神経質にならずに適度に正確に書けば大丈夫です

郵送物は、後日しっかりと日本に到着しました。

EMSは補償もついていて、追跡もできますが、思った以上に料金が高いです。

本当に必要な時は使うのもいいですが、高いです。

壊れ物でなければ、SAL便で送るのがいいと思います。

自分に合った方法で送るのがいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存