【史上最悪!?】上海の浦東国際空港で気を付けるべきこと

上海の浦東国際空港

先日、上海の浦東国際空港へ行ってきました。

本当に今まで利用した空港の中でこれほどまでに用心したほうがいいと思ったことはないので、同じ思いをしないように注意事項を教えます。

スポンサーリンク

空港スタッフ

空港スタッフには気を付けてください。

まず、英語が聞き取りにくいです。

こちらが英語で話しても中国語で返してきます。

そして、英語が訛っているので聞き取りずらいです。

ちなみにインフォメーションセンターは人がいなくなります。

夜22時以降は誰一人いませんでした。

空港の設備

空港設備も整っているんだか、壊れまくっているんだかよくわかりませんが、細心の注意が必要です。

荷物チェック

荷物の重量を測る機械がありません。

複数人に確認しましたが、どこにもないと行っていました。

AirAsiaのウェブチェックイン

AirAsiaのウェブチェックインする人は更に注意した方がいいです。

通常だと、ウェブチェックインした場合は紙をプリントアウトしますが、日本や他の空港だと専用の機械があり、そこでチケットをプリントアウトできます。

浦東国際空港にもありましたが、全て壊れてます。

僕の時だけかもしれませんが、もしウェブチェックインをしてプリントアウトしなかったら、再チェックインをしなくてはならず、手数料がかかるところでした。

フリーWi-Fiが遅すぎる

インターネットが遅すぎます。

通常だと、見れるようなサイトもみれませんでした。

ちなみにGoogleでの検索はできません。

Gメールも使えません。

ここで困ったのが、フィリピンなどの第三国へ行く時、出国時のフライト情報がないと入国できない国へ行く時に、Gメールを使っていると、その予約メールをみせること自体できなく、出国できないことがあります。

僕は危うく、この状態になるところでした。

幸いにも、スマホを2台持っており古いスマホに情報があったので、なんとか出国できましたが、空港スタッフは知らん顔でした。

ラウンジ

ラウンジもひどいです。

プライオリティパスのHPによると69番ゲート近くのプレミアムラウンジは最後のフライトまでやっているとありましたが、普通に閉まっていました。

明かりはついているが、ドアは閉まっています。

という、中々ハイレベルな空港です。

問題なければいいですが、僕はトラブルが多かったので記録しておきます。

その他

ちなみにATMも使えないということもありましたが、他にもATMがあり使えたので、今回の理由にはいれませんでした。

また、チェックインは人を捌くのが遅いので、早めのチェックインすることをお勧めします。

遅れてもいない、何でもないフライトでこんな長蛇の列はみたことがない。

空港の見取り図

浦東国際空港は航空会社によって、ブースが細かく分かれている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存