【コロンボ】ゴールフェイスグリーンで優雅に夕陽を見る

ゴールフェイスグリーンとは

ゴールフェイスグリーンとは、コロンボの中心地であるコロンボフォート駅の近くにあり、市民の憩いの場です。このように説明されるゴールフェイスグリーンですが、ぶっちゃけただの海に面している広場です。

コロンボきっての観光地と思って、むかったのにそのショボさからがっかりが隠せませんでした。そのため、夕陽だけでも優雅に見ようと思い、近くのゴールフェイスホテルに入ったら優雅すぎる夕陽を見れたのでレポートします。

スポンサーリンク

ゴールフェイスホテル

ゴールフェイスホテルはゴールフェイスグリーンの南側にあるホテルです。ふらっと入ったわりに格調が高く、いるのはほとんどが外国人でした。

たぶん値段も高いんだろうなーと思いつつ、入りましたが日本のバーよりも高くない印象でした。物価の安い国では、日本で頼んだら1500円くらいのお茶とかでも、700円ー1,000円くらいで飲める(サービスチャージ込)ので、嬉しいです。

その反面、日本の物価の高さがアジアの中では異常なんだと思いました。

夕陽までホテルのレストランでゆっくりビール

格式の高いゴールフェイスホテル。ちょうどこの時はスリランカ人の結婚式を執り行っていました。ふらっと入ったわりにいいところだったので、本当にラッキーです。ビールも入って疲れを取っていました。

少しずつ太陽が海に沈んでいきます。

海に太陽が沈む様はなんとも綺麗です。スリランカではローカルフードが基本カレーなのとゆっくりすごすというより、観光メインだったので、このようなゆっくり時間が取れたのは本当に良かった。

最高のロケーションで飲むビールはおいしかったです。

もちろんレストランなので宿泊者以外も入ることもできます。

この夕陽をみて、ここに入って良かったなーと思いました。

さすがにディナーをここで食べると金額がとんでもないことになるのと、暗い中に宿まで帰るのは嫌だったので、辺りが暗くなる前に出発しました。

最後にゴールフェイスグリーンを見て帰りました。

Galle Face Hotelに泊まるには早めの予約が必要です。また、スリランカに到着したら空港でやるべき事を一覧にしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存