深夜着のマカオでオールでカジノ遊び

深夜にマカオに到着

台湾からマカオにタイガーエアで到着した。時間は22時05分到着の便だった。この日はオールでマカオを遊びまくろうと思う。

スポンサーリンク

マカオでの通貨

マカオの通貨は【パタカ】という通貨ですが、香港ドルも使えることができる。しかも、空港のATMでは引き出す通貨をパタカか香港ドルか選ぶことができるので、香港ドルで引きだしをした。

結果的に香港ドルでよかった。カジノでは利用できるのが香港ドルのみだった。

マカオの空港からの移動方法

マカオ空港の移動方法は22時すぎだとほとんどの場合がタクシーになると思う。しかし、僕はバックパッカーなので、タクシー料金を浮かすため、バスに乗ろうとした。

調べたところホテル主催の無料シャトルバスがあるとの情報があったので、それを使おうとしたが22時すぎだとこれも終わっている。

バスはまだやっていたが、既に終了してしまった路線もあった。

僕はベネチアまで行きたかったのだが、既に終わっていたのでベネチアまで歩こうとした。一見無謀かもと思ったが、全然余裕だった。距離も2キロないくらいだった。

時間にして30分。荷物が少なかったのでよかった。

あとから調べたが、タクシーでも初乗りで200円前後のため、乗ってもいいかと思った。

オールで遊ぶには荷物が邪魔

カジノへは基本的に大きな荷物は持って入ることができない。そのため、クロークルームがカジノには併設されており、無料で預けることができる。

僕は今回、このクロークルームを利用した。カジノで遊ぶ遊ばない、宿泊するしないは関係ない。

荷物を預けてホテルを観光

荷物を預けたら、ホテルの外観を見てみよう。ショーをやっているところもあるし、外観や内装も素晴らしい。とりあえず、ホテルを見てみよう。

僕のように途中で疲れたら、カジノで遊べばいいので少し気が楽だ。

飽きたらカジノで遊ぶ

深夜から使っていいお金が尽きるまで遊んだ。勝てばホテルに宿泊してもいいかと思ったが、負けたのでDFSで夜を明かした。

お金が無くなったのが朝の4時なので、それまではカジノで遊んでいた。お金もなくなったのでDFSならソファーもあり、ゆっくりできるしWi-Fiもあるので、かなりよかったと思う。

朝になって辺りが明るくなってから、マカオを少し観光したら香港へ行くので、約4時間の時間つぶしをDFSでやったのだ。

ちなみにこのマッピングしたところの近くにソファーがあり、無料Wi-Fiがある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存