ペガサス航空(エアー)の国際線に乗ったので、その時のレビューです

ペガサスエアー(Pegasus Air)を使ってアラブ首長国連邦のドバイからトルコのイスタンブールまで行ってみたので、ペガサスエアーのレビューをします。

ペガサスエアーはトルコのLCC会社です。

ペガサスエアーを知ったのはスカイスキャナーでドバイから安い便があったので、知りました。

LCCにですので、機内サービスはほとんどありません。

追加購入することによって荷物の預け入れができたり、機内での飲み物などが買えます。

ペガサスエアーのチケットを購入

チケットはスカイスキャナーで調べてネットから購入しました。

アプリもあるので、アプリから購入することもできます。

僕が購入したのは、ドバイからイスタンブールまでのフライトで片道136ドルでした。

これに預け荷物が9ドルでしたので、合計145ドル(約16,000円)でした。

スポンサーリンク

購入に必要な情報

僕は購入前にペガサスのメンバーになってから、購入しました。

必要なのはパスポートの情報とメールアドレス、それに携帯の番号です。

携帯の番号はSMSなど送られてこないですが、アプリでログインするときに必要になりました。

チェックインに関して

ヨーロッパのLCCは事前チェックインやチケットのプリントアウトが必須ですが、ペガサスエアーはプリントアウトやウェブチェックイン(セルフチェックイン)をする必要はありません。

空港でチェックインできました。

もちろんウェブチェックインもできますが、荷物を預ける必要があるとチェックインカウンターに行く必要があるので、今回はウェブチェックインはしませんでした。

荷物料金について

ペガサスは国内線と国際線で荷物の料金体系が違います。

国際線は一番安いので預け荷物無しのプランがあります。

受託手荷物に関して

受託手荷物料金は安かったです。

ドバイからイスタンブールまでの5時間のフライトで9ドルでした。

持ち込み手荷物は8キロまでと厳しめなので、受託手荷物は多いなら預けたほうがいいと思います。

ちなみにウェブで荷物料金を支払うと安いので、僕は事前に購入しました。

窓口での荷物のチェック

荷物を預けるときにチェックインカウンターで荷物の重量チェックがありました。僕はリュックにタグをつけられました。

明らかに軽いハンドバッグなどはタグがつけられませんでした。

他の人を見ると大きめのリュックやキャリーバッグなどにタグがつけられてました。

ペガサスエアーを使ってみて

特に他のエアアジアなどのLCCと変わりありませんでした。

特に良かった悪かったなどはありません。

チェックインの時もパスポートだけ渡せば良かったですし、席も広さも他のLCCと変わりません。

トルコの移動について

トルコは観光の宝庫です。

カッパドキア、パムッカレ、フェティエなど観光名所がたくさんあります。

しかし、どこも遠いです。

トルコの移動はもっぱらバスになりますが、バスは時間がかかります。

夜行バスでなら寝ている間に到着しますが、疲れ具合が違います。

その点、ペガサスエアーはトルコ内の移動でしたら、早く予約すると片道2000円台からあるので、かなり便利なのではないかと思います。

効率的に回るなら早めの予約をすることによって、安く早く移動することができます。

この際ペガサスエアーを使ってみてはいかがでしょうか?

その他の情報

イスタンブールの空港でATMやSIMカードを買おうとしたら予想外に高かったです。

→空港での物価

ペガサスエアーで乗継をした時にバゲージスルーができるかどうか試した時の記録です。

→イスタンブール乗継のバゲージスルーについて

次回はイスタンブールのサビハギョクチェン空港から市内までバスで移動した時の記録です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存