オンラインチェックインをする人の条件~メリットとデメリットを徹底解説

オンラインチェックインとは

オンラインチェックインは別名ウェブチェックインとも言います。

インターネットが今ほど普及する前までは空港の窓口まで行き、チェックインをする必要がありました。

しかし、インターネットの普及やLCCの台頭とともに自分でチェックイン(セルフチェックイン)することが可能になりました。

今回はこのオンラインチェックインについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

オンラインチェックインのメリット

オンラインチェックインのメリット以下になります。

  • チェックイン時刻に縛られない
  • 条件によってはチケットレスで搭乗可能

主なメリットはこの2つになります。

チェックイン時刻に縛られない

オンラインチェックインの最大のメリットは時間に縛られなくなるということです。

航空会社によって多少の違いはありますが、通常のチェックイン時刻はだいたいフライトの2時間前から1時間前に空港の窓口でチェックイン&航空券の発券をしなくてはならないですが、これを自分で行うことができます。

時間に縛られないということは、早めに空港へ行ってラウンジでゆっくりすることもできます。

通常ではチェックインをしてチケットを発券しないと保安検査場を通過できないですが、オンラインチェックインをすると早くからチケットが発券されるため、空港内のラウンジでゆっくりすることや、搭乗時刻ギリギリに空港についても大丈夫です。

最大の利点は時間の有効活用が出来るという点です。

条件によってはチケットレスで搭乗可能

オンラインチェックインをすればチケットの発券(自分でプリントアウト)をしないといけませんが、最近はアプリでチェックインするとアプリの画面がチケットの代わりになったり、空港でアプリのQRコードを機械にかざすとチケットが発券されるといった便利なサービスがあります。

この場合チケットレスで搭乗可能です。

僕はジェットスターのオンラインチェックインをしましたが、本当に便利でした。特に国内線ではスマホの画面を見せればいいだけだったので、チェックインがこんなに簡単になったとは思いませんでした。

オンラインチェックインのデメリット

オンラインチェックインにはもちろんデメリットも存在します。

  • 全ての空港でチケットレスにはなっていない
  • チケットの発券が必須なところもある
  • 荷物を預けるならほとんど意味がない

全ての空港でチケットレスにはなっていない

チケットレスになる条件はモバイルチェックインに対応しているかどうかです。

国内線ならほぼ大丈夫ですが、国際線では注意が必要です。

オンラインチェックインをして、日本では発券する機械があり問題なくチェックインできたので、海外から戻ってくる時もオンラインチェックインをしたが、空港に発券機がなかったというケースもあります。

この場合は、どこかで自力でプリントアウトしなければならないです。

チケットが必要だと思わなくて空港に到着したら、実際は必要だったらかなり焦りますよね。

チケットの発券が必須なところもある

自分でチケットをプリントアウトしなければならないという事もあります。

プリントアウトしていないとチェックインしたのにチケットがないというケースがあります。

そのため、チェックインを取り消して再チェックインするはめになり、再チェックインの手数料をとられる可能性があります。

日本の国内線ではほとんどないですが、国際線ではこのようなところもあります。特にヨーロッパのLCCでは、プリントアウトしていないと罰金が課せられるところもあります。

このLCCはライアンエアーやウィズエアーなんかがこの手の航空会社です。

荷物を預けるならほとんど意味がない

一番関係あるのが、こちらのパターンです。

荷物を預けるなら窓口に並ぶ必要があります。

オンラインチェックインをして時間に余裕がでますが、オンラインチェックインをしても荷物を預けるには窓口に行く必要があります

荷物を預けるだけの専用窓口があればいいですが、ない場合もあります。

その場合は窓口が開いてから預ける必要があるので、通常のチェックインと同じように窓口に並ぶ必要があり、オンラインチェックインの意味がありません。

逆にプリントアウトをする可能性がでてくるので、労力が増えます。

オンラインチェックインを使った方がいい人

メリットとデメリットを考慮すればどのような時にオンラインチェックインをすればいいかがわかります。

荷物を預ける必要がない人

全て荷物を機内持込にする人はオンラインチェックインしても問題ない。この場合はむしろオンラインチェックインしたほうがいいです。

モバイルチェックインに対応しているか、プリントアウトの有無

プリンターでプリントアウトできる人。または機械が空港にあるかどうか。国内線はほとんど大丈夫ですが、国際線は特に注意が必要。

時間がぎりぎりな人

空港にぎりぎりに到着したい人です。とりあえず、セルフチェックインをしてしまえば席の確保はできています。

チェックイン時間に間に合わない可能性があればとりあえずチェックインだけしておくこと。

最後に

オンラインチェックインは時間を有効に活用するにはかなり便利です。

特にモバイルチェックイン対応できる会社では本当に便利です。

便利な反面、確認は全て自分で行う必要があるので、不備があった場合は全て自己責任になるので注意が必要になります。

航空会社によってルールもチェックイン時刻も違いがありますので、是非オンラインでセルフチェックインするときは利用する航空会社のチェックインのルールをよく確認しましょう。

僕はいつも早めにチェックインして空港のラウンジを利用しています。世界各国のラウンジを利用できるプライオリティパスというものがあるので、そちらを利用しています。

次回は実際にジェットスターでオンラインチェックインした時の事を書きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存