【世界一周】ビザ(Visa)の確認方法

世界一周を目指してどこの国に行こうかと考える時に思うのがビザの有無だ。

その国に入国できるかの条件としてビザがある。

ビザ(Visa)の種類

日本のパスポートを持っていれば、短期の旅行なら大抵の国はビザ無しで訪問することができるが、ビザが必要な国もある。

ビザが必要ならば、申請して取得しないといけないが、オンラインで取得できるもの。アライバルビザと言って現地で取得できるもの。事前に大使館などで取得しなければならないものがある。

スポンサーリンク

ビザの情報

ビザの情報は最新のものを手に入れておいたほうが良いが、日本人がよく行くような国はウェブサイトをみても情報は更新されているが、世界一周をしているバックパッカーが行くようなマイナーな国によっては日本語のウェブサイトでは情報が古い可能性がある。

参考情報

僕が1番参考にしているのはWikipedia の英語版である。

これを見れば現在の日本のパスポートではどこがビザが必要なのかがわかる。しかも情報が新しい。

大抵はこの情報の通りだが、数日前に変更になった情報は更新されていない可能性が高い。その時は大使館のホームページを参考にするといいが、公式発表と実際の状況は違うということもある。

公式情報と実際の状況

例えば、公式ではインドはアライバルビザを取れることになっているが、アライバルビザを取れる国籍の人が少ないため、ニューデリー以外の空港では職員がいない時間があるため、深夜発着便などではかなりの時間を待たされる。

バングラデシュにもビザは必要であるが、事前に取得する必要があると記載されているが、実際はアライバルビザが無料で取れるなど公式発表と現実とのギャップがある。

ここらへんは実際に行った人のブログをみたりするのがいいが、ウィキペディアはかなり信用のある情報なので、一度見てみるのもいいだろう。

日本語の情報もブログであるのだが、最新情報は英語版で見てみるのが良い。難しい英語ではないので、確認して事前情報と違うなと思ったら日本語のページを探してみるといい。

【無料情報】20万円以上節約できる世界一周の節約術はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存