【料金】ローマの公共交通機関情報

ローマの公共交通機関

ローマの代表的な公共交通機関はメトロ、トラム、バスです。

トラムとバスの路線は複雑だが、比較的メトロはわかりやすい。ローマのメトロは2つの路線(A線・B線)があって、Termini駅で交差している。

スポンサーリンク

メトロを利用すればほとんどの観光地を回れる

メトロ。利用すればほとんどの観光地にアクセスできる。少し遠い観光地もあるが、それでも徒歩圏内だ。

メトロを制覇すれば、ローマの観光はかなり効率的に回ることができる。

バスやトラムの路線

バスやトラムはとても複雑なので、覚えることは難しい。だが、インターネットに繋がっていればグーグルマップで検索すればルート及びバスの番号も出てくるので、バスやトラムも使える。

共通切符

これらのローマの公共交通機関だが、全て共通の切符で乗ることができる。

切符の値段と期限

メトロの切符は何種類かあるが、よく使われるのは以下の切符です。

  • 1回券(1.6€)
  • 24時間券(7€)
  • 48時間券(12.5€)
  • 72時間券(18€)
  • 7日券(24€)

1回券は乗車してから100分以内なら乗換可能。ただしバス→バス、トラム→トラムの乗換は不可。

24.48.72時間券は最初の利用時間からカウントダウン。

7日券は最初の利用日から7日目の24時まで利用可能。

チケットの購入場所

購入にはメトロの駅の券売機が1番よい。タバコ屋や露店、バスの車内でも買えるが、取扱ってない可能性もある。メトロの駅の券売機なら確実に買えるので、券売機で購入するのをお勧めする。

購入方法は至ってシンプルです。

券売機の言語を英語にして、チケットを選びお金を入れるだけです。クレジットカードも券売機なら使えます。

メトロの営業時間

メトロの営業時間は朝5時半頃からスタートし、夜の23時過ぎに終了します。

週末は0時過ぎまで電車はあるが、駅によって時間はまちまち。終電近くになるなら駅のスタッフに確認しておこう。

ちなみにローマのメトロの時刻表と言うものはなく、来た電車にのることになる。電車の間隔は5-7分おきとアナウンスされているが、実際はかなり適当です。

10分以上待つことはほとんどないですが、日本と違うということを覚えて起きましょう。

メトロの乗り方

メトロは乗る時に改札にチケットを入れて、構内に入ります。出る時はそのまま出ます。チケットを入れたりする改札はありません。

バス、トラムの乗り方

バスやトラムは乗り放題のチケット、もしくは打刻済みの1回券を持っていれば、バスやトラムでチケットを打刻する必要はありません。

1回券で最初にバスやトラムに乗る時に打刻する必要があります。打刻機はバスやトラムの中にあります。これをしないと無賃乗車扱いになるので気をつけて下さい。罰金があります。

メトロの治安

メトロの治安を気にする人も多いと思います。しかし、最近はだいぶ良くなりました。気をつけていればなんて事ないです。

  • 荷物は前に持つ。
  • 後ろポケットには入れない。
  • 本やスマホに集中しすぎない。
  • 混雑時には特に気をつけてる。

この4つを守っていれば、そうそうとスリの被害に会うことはないです。

海外にいると日本人の観光客はわかります。特に日本人が狙われる理由は現金を持っているからです。ヨーロッパではクレジットカードの利用が多く、必要以上に現金を持ち歩いていません。

その点、日本人は基本的に現金決済をするため現金を大量に持っているので狙われやすいです。

気をつけていれば被害にはほとんどあわないので、せっかくの楽しい旅行に嫌な想いをしないためにも持ち物の管理だけは徹底してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存