【LCC】コンタクトレンズの保存液は国際線の機内にも持ち込む事ができるのか!?

飛行機の持ち込み制限

飛行機を使うに当たって持ち込み制限に引っかかるのは、ほとんどが液体関係です。

その中で気になるのが、コンタクトレンズです。

生活必需品でありながら、その洗浄液・保存液は機内に持ち込めるのか?という疑問があります。

スポンサーリンク

100ml以下なら液体でも問題ない

液体であっても、100ml以下なら持込むことは問題ないです。

これは国内線であっても国際線であっても問題ないです。

日本の国内線では通常の大きさの保存液でも問題なく持ち込めます。

問題は国際線

液体に関して厳しいのは、国際線です。

国際線であれば、液体は100ml以下でなおかつ透明なプラスチック袋に入れないといけません。

コンタクトレンズの保存液も液体なのでこれに該当するのでしょうか?

コンタクトレンズの保存液・洗浄液は対象外

コンタクトレンズ関連は液体ですが、医薬品のため対象外になります。

医薬品に関しては、この液体の制限の対象外のため、100ml以下にしなくても大丈夫です。

一応、対象外ですが「機内で使用する量に限り、申告することにより対象外」になると書いてあります。

どこまでが持込めるラインなのか?

コンタクトの保存液は一般的に売られているものでは、500ml、360mlが大多数だと思います。

これは荷物の検査官の裁量によることが大きく、果たして360ml以上が機内で使用する量に該当するかどうかになります。

ほとんどの人は、明らかにダメだと思います。

リスクをとるならダメもとでチャレンジしてみてもいいかと思いますが、お勧めはできません。

120mlの保存液

更に小さい120mlの保存液もあります。

こちらなら持ち込む事も可能です。

120mlの容量なら、持ち込む事ができたという人が多数います。海外で検査官に何か言われる事自体が嫌という人は更に小さく、申告する必要もない100ml以下の保存液も売っています。

トラベル用保存液はこちらです。

まとめ

国内線の飛行機なら気にする必要はない。

国際線なら、液体の対象外なので100ml以上でも問題ないが、申告する必要がある。

対象外になるのは機内で利用する量に限るため、大きすぎると検査官による。

120ml以下であれば、ほとんどのケースで持ち込むことができる。

心配であれば、100ml以下にしたら問題ない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存