【Jetstar】ジェットスターの予約のキャンセルについてのまとめ

ジェットスターのキャンセルについて

ジェットスターの予約をしたが、予定が変更になってフライトをキャンセルしたいという人もいるかと思います。

そんな時、どのように対応すればいいかをまとめてみます。

スポンサーリンク

キャンセル(払戻し)をしたいのかフライトを変更したいのか?

フライトをキャンセル(お金の払い戻し)をしたいのか?それともフライトの時間や日程を変更したい、もしくは一部の情報(名義など)を変更したいかによって、どのようにするかが変わってきます。

まず、するべき事は自分が購入した運賃タイプの確認

ジェットスターは購入した運賃タイプによって、キャンセルなどの払い戻しに対応できるかが決まってきます。

予約内容の変更については、購入した運賃タイプによって手数料などは違いますが、変更については可能です。

安いチケットでは払戻しは不可

残念ですが、下記の3つのフライトのチケットを購入した場合は運賃の払い戻しは不可となっています。

払戻し不可のプラン

  • Starter
  • Starter Plus
  • Business

これらの運賃タイプで購入した場合は、払戻しは不可能となっています。

その他のプランでも払戻しには手数料がかかったり、バウチャーと呼ばれるジェットスターでしか使うことのできないような形での返金となります。

払戻し可能なプランは「Starter Max」

払戻しに対応しているのはエコノミークラスであれば、Starter Maxというプランになります。

しかし、このStarter Maxというプランは「Starter」という一番安いプランに1万円くらい追加料金を支払わないとなりません。

安さを選んでLCCで予約しているのにStarter Maxに入っている人はほとんどいないでしょう。

この払戻しプランに入るくらいなら新たに予約を取った方が安くなります。しかも、払戻しには手数料がかかります。

キャンセルの事を考えてこのプランを選ぶくらいなら、再度予約をしたほうが良いかと思います。

まとめ

ジェットスターではキャンセル(払戻)するのはStarter Maxというプランのみ(エコノミーでは)。

ただし、このプランの購入にはプラス1万円程かかるので、再度チケットを購入する方が安くつく。

それ以外のプランではキャンセル不可となっている。

予約の変更(別日程への振り替え)などは可能なので、振替にすることをお勧めする。運賃タイプによっては手数料がかかる場合有。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存