シンガポールの観光名所10選

日本からさほど遠くなく、アジアの旅行先として人気が高いシンガポール!

東京23区ほどの小さな国ですが、沢山の観光スポットがあります。古くから貿易の拠点として栄え、様々な国の文化が融合するシンガポールの魅力を今から紹介していきます。

スポンサーリンク

マーライオン公園

高さ8.6m、重さ70トン。

シンガポールの顔とも言える、マーライオンパーク。シンガポールに来たら、ここは絶対はずせません!

観光客も多いですが、マーライオンから出る水を飲み干す王道の写真撮影もできますよ。

夜のマーライオンもライトアップされて又違った顔を見せてくれます。

大きなマーライオンの少し後ろには子マーライオンも居ます。顔も違うので、比べて見てください。

近くには喫茶店や食事所もありますのでゆっくり過ごすことが出来ます。

マーライオン公園の情報

名称:マーライオン公園
住所:1 Fullerton Rd
入場料:無料
アクセス:ラッフルズ・プレイス駅から徒歩七分

マリーナベイサンズ

シンガポール一の巨大複合施設。

ホテル、ショッピングモール、屋上プール、コンベンションセンター、カジノ、イベントプラザ等一日で回りきらない程の施設が揃っています。

食事処も22店舗もあるので、何を食べようか迷います。

なんといっても屋上のプールが人気です。宿泊者専用のプールとなっており、インフィニティプールから見る夕日は素晴らしいです。

夜にはライトショーも無料で行われるので、夜時間がある方は見に行ってみる価値があります。

マリーナベイサンズの情報

名称:マリーナベイサンズ
住所:10 Bayfront Ave
電話番号:6688-8868
アクセス:ベイフロント駅からすぐ
url:jp.marinabaysands.com/

ガーデンズバイザベイ

巨大な人口ツリーが広がる広大な庭園です。庭園内は広いので巡回バスも運行しています。一日3シンガポールドルで乗り放題です。

レストランやお土産店もあります。夜にはライトアップされ、マリーナベイサンズ同様に無料のライトアップショーが開催されます。音楽に合わせて人口ツリーが様々な色に変わっていきます。

夜空に浮かぶ姿はとても幻想的ですので、マリーナベイサンズのショーを見た後に元気があれば、こちらのショーも見に行く事をお勧めします。

マリーナベイサンズからは徒歩15分程度です。

ガーデンズバイザベイの情報

名称:ガーデンズアバイザベイ
住所:18 Marina Gardens Dr
電話番号:6480-6848
開場:5:00-翌2:00
入場料:入園無料
アクセス:ベイフロント駅から地下通路を通りドラゴンスカイブリッジを渡れば入園可能

シンガポールフライヤー

一周約30分の大観覧車。

最高到達地点は165メートル。

定員が28名の大型ゴンドラにのり、空中遊泳が出来ます。シンガポールの街並みが360度見渡せます。

観覧車から見る夜のマリーナ地区の高層ビルの夜景は素晴らしいです。夜の空中遊泳はおすすめです。

カクテルやディナーを楽しみながらゴンドラを貸し切れるプランもあります。

シンガポールフライヤー情報

名称:シンガポールフライヤー
住所:30 Raffles Ave
電話番号:6333-3311
開場:8:30~22:15(販売は22:00まで)
入場料:33シンガポールドル
アクセス:プロムナード駅より徒歩10分

ナイトサファリ

シンガポールを代表する観光となっているナイトサファリ。

夜行性動物たちの活動を生で体験する事が出来ます。動物と人を隔てる柵がないので動物によってはトラムに自ら近づいてきたリして迫力満点です。

日本語トラムもあるので、日本人観光客にも安心です。日本語トラムは人気なので、事前に予約しておく事をお勧めします。

レストランや可愛い動物のお土産ショップなどが併設されています。夕食時にはショーもあるので少し早めにサファリへ行き、ショーを見ながら食事を楽しむ事も出来ます。

夜のナイトサファリには危険も伴うので、立ち入り禁止区域には絶対に入らないようにしましょう。

ナイトサファリ情報

名称:ナイトサファリ
住所:80 Mandai Lake Rd
電話番号:6269-3411
開場:日没19:30~23:15(閉園24:00)
入場料:大人45シンガポールドル 子供30シンガポールドル
アクセス:アン・モ・キオ駅より138番バスで30分

リトル・インディア

シンガポールの中の小さなインドタウン。

色彩豊かな街並みの中に、インド人向けの生鮮食品や雑貨、衣料品等の店舗が集まる場所です。

安いお土産店も沢山あるので、ばら撒きお土産はここで購入する事をお勧めします。本場のインドカレーやインドの女性が身に着けているサリーのお店が沢山ある。

スリ・ヴィーラマカリアマン寺院はリトルインディアの象徴で、インドの神々が彫刻されている。リトルインディアに来たら一度訪れたい寺院です。夜はうす暗く危険なので、女性の1人歩きはやめた方が良い。

リトル・インディア情報

名称:リトル・インディア
アクセス:リトルインディア駅よりすぐ

アラブ・ストリート

シンガポールの中の小さなアラブタウン。巨大なモスクが目印です。イスラム色が濃厚なエリアで絨毯やトルコランプ、布や雑貨店が数多くあります。

昼過ぎはモスクでお祈りがある為か閉まっている店が多くありました。色鮮やかなトルコランプや、香水瓶等自分用のお土産購入のお店が沢山あります。

リトルインディアより若者向けの店が多いと感じました。喫茶店やお洒落なお店も多い。

アラブ・ストリート情報

名称:アラブ・ストリート
アクセス:ブギス駅、ニコルハイウェイ駅
ブギス駅から出発する方が分かりやすい。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

日本にもある、ユニバーサルスタジオジャパンのシンガポール版です。ハリウッド映画のキャラクターやアトラクションが多彩にあるテーマパークです。

家族連れで1日楽しめるスポットとなっています。ジュラシックパークの激流下りや、ウォーターワールドの迫力あるショーが見どころです。ロッカーもあるので重い荷物は預けて楽しめます。レストランや、オリジナルのキャラクターグッズも沢山あります。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール情報

名称:ユニバーサル・スタジオ・シンガポール
住所:Resorts World Sentosa,Sentosa
電話番号:6577-8899
開場:10:00-19:00
入場料:大人1day74シンガポールドル、子供54シンガポールドル、シニア36シンガポールドル
アクセス:セントーサエクスプレスウォーターフロント駅から徒歩3分

シー・アクアリウム

セントーサ島にある水族館。巨大で大迫力の水槽の中を泳ぐエイやサメが見どころ。

直接海の生き物に触れる事ができるタッチプールもある。透明なトンネルの中をくぐり、サメを下から観察できる海底トンネルも見どころの一つです。レストランや海の生き物の可愛いグッズのショップもあり、ゆっくり水族館を楽しむ事が出来ます。

シーアクアリウムの情報

名称:シー・アクアリウム
住所:S.E.A Aquarium,8 Sentosa Gateway,Sentosa Island
電話番号:6577-8888
開場:10:00-19:00
入場料:32シンガポールドル
アクセス:セントーサエクスプレスウォーターフロント駅

チャイナタウン

シンガポールの中にある、小さなチャイナタウン。元は中国人遺留区に定められたのが始まりだそうだ。

中国雑貨やお土産屋、中華料理の屋台が沢山あり、賑やかな場所となっている。
シンガポールに居ながらも本場の中華料理が、ここチャイナタウンに行けば食べられる。

駅の近くは人通りが激しいので、スリや置き引き等には注意が必要。

チャイナタウンの情報

名称:チャイナタウン
アクセス:チャイナタウン駅
テロック・エアー駅
タンジョン・バガー駅

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存