ALSAバスのバスターミナルで予約したら予約手数料がかからなくて安かった

スペインのALSAバス

スペインのALSAバスですが、バルセロナからマドリードへ行くときに利用しました。

スポンサーリンク

GoEuroで時刻検索

時刻の検索はGoeuroで検索すると一発です。

しかもこのALSAバスは本数も多いし、当日予約でも余裕です。

GoEuroの予約は手数料がかかる

なぜかGoEuroで予約すると手数料がかかります。そのため、自分で予約したほうが安いです。

バスターミナルで予約

僕は前日にバスターミナルへ行ってチケットを購入しました。

バスターミナルにはALSA バスの専用窓口があるので、そこで買ってもいいですし、横に券売機もあります。僕は券売機で買いました。

チケットの値段

バルセロナーマドリード間の料金はいくらだったかと言うと、片道で32.11€でした。

約4000円です。夜行バスにしました。

券売機での購入方法

購入方法は簡単です。

出発地はバルセロナで固定されていたので、Madridと入力します。

候補が出てきますので、降りたいところを選択します。

往復なのか片道なのかを選択します。

次は人数です。

そして日付の選択です。

バスの時刻と値段がでてきます。

次は席の選択です。

あとはお金の支払いです。

クレジットカードを入れて決済すればチケットがプリントアウトされます。

保険等の項目もありましたが、無視して構いません。

追記情報

窓口は22時で閉まってしまいます。

乗車時には電光掲示板で発着場所を確認します。

出発前に券売機の情報を確認しましたが、同じバスの空きはありませんでした。

最終バス(若干割高)のバスなら空きがありました。

いつ無くなるかはわかりませんので、前日に購入、もしくは当日の昼までには購入したほうが安全。週末だとどうなるかわかりません。

バルセロナノード駅は中心街から近いので、予定があれば立ち寄ってみたほうがいいと思います。

バスターミナル

無料トイレあり

バルセロナWi-Fiという無料Wi-Fiあり

券売機はギリギリまで使える。

実際の移動

バスは22:30にはゲートに着いていた。ALSAのゲートは19-20と決まっている。2017年8月

バスは時間通りに出発。

トイレは着いていて、出発と同時に鍵を開けていた。

電源はなし。

バスにWi-Fiのマークはあったが、Wi-Fiは使えなかった。

途中、何ヶ所かで停車しほぼ時間通りにマドリードに到着。

マドリードのバスターミナル

マドリードのバスターミナルはメトロと直結しており、無料のトイレや売店などあった。

しかし、Wi-Fiが整備されていなく、インターネットに繋げることはできなかった。

運行情報

運行会社 ALSA

値段 32.11€

時間 23:00-06:30

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存