ポルトガルからモロッコへ!その2、アルヘシラスからタンジェまで

ポルトガルからモロッコへ

ポルトガルのリスボンからモロッコのメルズーガの砂漠へ行くまでの移動記録です。

そのうちのスペインのアルヘシラスからモロッコのタンジェまでの移動記録です。

全行程は下記になります。

リスボン→アルヘシラス→タンジェ→フェズ→メルズーガ

スポンサーリンク

アルヘシラスからタンジェまで

アルヘシラスに到着したのはフェリー乗場のすぐ前に到着した。

ここからのルートは4つあります。

4つのルート

  • アフリカ大陸にあるスペインの飛び地であるセウタへのルート。値段片道36€。
  • モロッコのタンジェMEDという郊外の港。32€。(往復50€)
  • モロッコのタンジェの旧港(市内から近い)。確か32€。しかし本数がかなり少ない。見たのは12時のみの1本。
  • アルヘシラスからバスでタリファまで行き、そこからタンジェの旧港までフェリー。片道37€。

値段は全てネットの情報です。

差異があるかもしれません。

タリファからタンジェまでが安いという情報もありましたが、調べてみると片道37€するので、タンジェからのが安いようです。また往復割引もあります。

アルヘシラスからセウタはどこかの会社が30分か1時間に1本の割合で運行しています。

アルヘシラスからタンジェは30分に1本でした。

僕はアフリカンモロッコラインという会社で往復チケットを50€で買いました。

数年前までは往復37€とかだったらしいですが、年々料金は上がっていますね。

ここで思ったのが、リスボンからアルヘシラスまで78€、船でアルヘシラスからタンジェまで32€(片道)、合計110€なら飛行機使っても良かったんじゃないかと思いました。

直前だと飛行機も高いですが、事前にルートと日程だけ合わせていればもっと安く、しかも早くモロッコに来ることができたのかと思いました。

再度スペインに戻ってくるなら往復チケットの割引がある会社のチケットを買いましょう。

モロッコから飛行機やスペインに戻るわけではないなら、そこまで差があるわけでもないので、あっても数ユーロの差なので、どのルートでもいいと思います。

船に乗船

船に乗る前には出国手続きをしないといけませんが、船に乗るルート上に出国審査があるので、間違うことはありません。

船は大きく、中も豪勢でした。

バーも付いていましたし、お祈りできる場所やゆったり座れる椅子も完備してました。

注意事項

モロッコの入国審査(パスポートコントロール)は船の中で行います。

僕が乗ったフェリーでは、船の中にパスポートコントロールの窓口があり、そこに並らばないと入国審査をしません。

ここで入国審査のことを知らなければ不法入国となるのでしょうか?しかもそのような事はどこにも書いてありませんでした。

先人達のブログの情報に感謝です。

この入国審査は船に入ってすぐに行くか、空いてから行くほうがいいと思います。

僕は船が出港してから行きましたが、軽く30分は並びました。

あまり遅すぎるとブースが閉まる可能性もあるかと思ったので、できれば船に入ったらすぐに行くのが良さげです。

出港後1時間くらいしていたら空いていましたが、それでも並んでいました。

タンジェに到着

タンジェに到着するとみんなソワソワしだします。着港に時間がかかるので、少しゆっくりしてから動きだしても十分です。

船から出ると一応パスポートチェックがありました。

スタンプが押されているかの確認です。

そうすると目の前にシャトルバスがあるので、それに乗りターミナルへ向かいます。

そこで荷物のチェックがありました。ほぼスルーでしたが。

到着したタンジェMED(新港)はこちらです。

次回はタンジェからフェズまでの記録です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存