ポルトガルからモロッコへ!その4、フェズからメルズーガまで

ポルトガルからモロッコへ

ポルトガルのリスボンからモロッコのメルズーガの砂漠へ行くまでの移動記録です。

そのうちのスペインのアルヘシラスからモロッコのタンジェまでの移動記録です。

全行程は下記になります。

リスボン→アルヘシラス→タンジェ→フェズ→メルズーガ

スポンサーリンク

フェズに到着

朝3時半に到着して、CTMバスターミナルのベンチで朝7時まで寝ていました。


これからSupratourに向かって、メルズーガのバスを予約しないといけません。

Supratourでバスの予約

CTMからSupratourは約2キロ離れています。

歩くのもだるいのでタクシー使いました。



メーターを使ってくれたので、7ディルハム(約80円)でした。

Supratourのオフィスは7時半の時点で開いていましたが、担当が来る8時まで待ってほしいと言われました。

その間、オフィスで充電をさせてもらいました。

トイレも付いていて、CTMほどではないですが、綺麗にしている感じがありました。

メルズーガまでの値段は値上がり

メルズーガまで調べていた値段は170です(約2000円)でしたが、オフィスでは200ディルハム(約2200円)となっていました。少し値上がりしています。

これに荷物料金がかかります。

少し前までは180ディルハムだったらしいのですが、値上がりしました。

1つ手前のリッサニまでは160ディルハムです。

出発時刻は20:30

メルズーガの出発時刻は20:30の1便だけです。

出発の30分前には来てくれと言ってました。

12時間以上あるので、フェズの旧市街(メディナ)に行きました。フェズは昼間は40℃まで上がるので、朝の涼しいうちに観光するのがおすすめです。

迷宮都市と言われるだけあって、入り組んでいましたが、大通りを行くだけならグーグルマップがあれば問題ないです。

ちょっと奥に行くとよくわからなくなるのと、疲れと暑さで早々に切り上げました。

あとはショッピングモールでWi-Fiのあるレストランやカフェ、フードコートで時間を潰します。

そしてスーパーで飲み物やお菓子を買い、夜に備えました。

タクシー移動

  • CTM→Supratour 7ディルハム
  • Supratour→旧市街 10ディルハム
  • 旧市街→モール 9ディルハム
  • モール→Supratour 4ディルハム

だいたい100円前後なので、暑いし歩くのはだるいのでタクシーは使ったほうがいいです。

ここで節約するより、ヨーロッパで節約したほうが何倍も節約できます。

ちなみに荷物はSupratourで朝のうちに預かってもらいました。

荷物代金

預け荷物(バスに入れる)のは5ディルハムです。別途用意しときましょう。

フェズを出発

Supratourには20時までにオフィスに来てくれと言われましたが、特にチェックインなど何かあるわけではありませんでした。

これなら時間の10分前で良かったと思いました。

CTMなら荷物は向こうでバスに入れてくれますが、こちらは自分で積むタイプでした。

バスは時間通りに出発しました。

途中に何箇所かバスはとまります。休憩所もありました。

確か時間は午前1時くらいでした。トイレは3ディルハムでした。

飯も食べれて、美味しそうな肉料理がありました。

朝にメルズーガに到着

朝7時にメルズーガに到着しました。

僕はホテルを取っていたので、メルズーガ手前のハシラビードで降りました。

やっとここまで来ました。

リスボンを出てから2日半かかりました。

予定のバスに乗れなかったため、時間はかかりましたが、やっと砂漠を見ることができました。

帰りのバスについて

メルズーガからどこに抜けるかわかりませんが、メルズーガにもSupertourのオフィスが2個あると言ってました。

帰りのチケットは事前にも買えますが、メルズーガでも買えます。

僕は泊まったホテルでバスの予約をしてもらいました。あとはお金を払うだけです。

次回は砂漠ツアーとホテルについてです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存