Skyticket(スカイチケット)を利用して航空券を予約したときのレビュー

スカイチケットでの予約

初めてスカイチケット(Skyticket)を使って航空券を予約してみました。

スポンサーリンク

アフリカ大陸までカバーしているスカイチケット

今回予約した路線は南アフリカのヨハネスブルクからナミビアのウィントフックです。

こんなマイナーな路線も取り扱っていた事に驚きです。

スカイチケットはスカイスキャナーで調べている時に知りました。

スカイチケットをお勧めする理由

スカイチケットでの予約が良かったので、お知らせします。

日本語対応

今回予約したのはアフリカのマイナーな路線です。

ここらへんの飛行機を予約しようとするとどうしても英語での予約になります。

英語でも問題ないですが、できれば日本語の方がいいです。

特に細かいニュアンスなど英語だと理解に時間がカバーかかったり、誤解する時がありますが母国語なら問題ありません。

それがスカイチケットなら日本語対応しているので、簡単に予約する事ができました。

予約確定は支払い完了してから

予約に関してですが、スカイチケットでは仮予約かてから支払いが完了した時点で予約確定です。

通常では、予約時にクレジット情報を入力して予約&支払いですが、スカイチケットは仮予約できます。

つまり、スカイチケットで予約→支払いの連絡がくる→支払いという順番です。

これが何が良いかというと、複数人での予約だと本当にこのフライトの時間でいいのか悩みますが、仮予約できると予約から支払いまでの間にタイムラグがあるので、この間に確認する事ができます。

これはかなりアドバンテージがあります。

支払いは銀行振込可能

LCCや海外の旅行代理店では支払いはクレジットカードのみというところが多いですが、スカイチケットは銀行振込できます。

日本の会社ならではの銀行振込ですね。

地味に嬉しいです。

料金

今回の航空券の値段は2300円でした。かなり安かったと思います。

この2300円に税金や燃料費など諸費用がかかり、合計で1人12,630円でした。

南アフリカからナミビアまでの国際線でこの料金は格安だと思います。

まとめ

スカイチケットはマイナーな路線でも対応可能。

料金は最安値クラス。

言語は日本語対応。

支払いはクレジットカードを使わなくて良い。

特に日本の会社というのが安心感が違います。

予約はこちらからできます。

海外格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

安いし、日本語対応で日本の会社というだけでかなりの安心感がありますので、是非海外の航空券を予約する時は使ってみてください。

もちろん国内線も近距離線(ソウルやグアム)なども扱っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存