エジプトでウーバー(Uber)を使ってみたのでレビューします

ウーバー(Uber)とは?

ウーバーとはタクシーの配車サービスです。

スポンサーリンク

ウーバーの利点

僕はウーバーを使うのは先進国より発展途上国のほうが利点があると思います。

先進国ではタクシーは電話があれば呼べますし、ほとんどの場合はメーターを使ってくれます。

発展途上国ではメーターを使ってくれないこともありますし、ぼったくってくる事もあります。

少しくらいの割高なら仕方ないと思いますが、明らかに倍以上の値段だといらっときます。

特にめんどくさいのが交渉です。

この交渉を回避できるだけでもウーバーは利用価値があります。

空港でのウーバーの利用

僕は深夜にカイロ国際空港に到着しました。

この時点でバスはやっていないので、選択肢は空港泊かタクシーになります。

意外とカイロ国際空港は綺麗で問題なく空港泊できるレベルだったのには驚きでした。

しかし、疲れもあったのでベットで寝たいと思い、空港から市内の宿まで行きました。

ここでウーバーを使いました。

ウーバーの使い方ははしょるとして、めちゃくちゃ安かったです。

深夜で空港から街中の宿(サファリホステル)まで83ポンド(約520円)でした。

めちゃくちゃ安いです。

特にめんどくさい交渉もいらないですし、目的地もウーバーのGPSで指定できます。

街中でのウーバー

宿からピラミッドまで利用しました。

約13キロの道のりでしたが55ポンド(330円)でした。

ウーバー利用の注意点

観光地でのウーバーの利用は道が混んでいるとウーバーが来るまで時間がかかります。

ウーバーが来るまで20分とかかかることがあるので、それなら割高でもタクシーを使ったほうがいいです。

一方通行がある時

一通がある所も注意が必要です。

一方通行だと車が入ってこれず、ウーバーが迷ってしまうので、中々会うことができません。

現地SIMカードがない場合

宿などを除いて、Wi-Fi環境で呼ぶ場合は、ちょっとめんどくさいです。

相手がどこにいるかわからないので、出会うのも一苦労です。

できれば現地SIMカードは手に入れたいところ。

まとめ

ウーバーを利用できると安く移動する事ができます。

是非、登録してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
楽天