東京と大阪の往復だったら新幹線とLCCではどちらがいいのかを徹底検証

新幹線 VS LCC

新幹線とLCCなら東京ー大阪間ならどちらがいいのでしょうか?

コストや時間、移動の楽さなどを徹底検証したいと思います。

スポンサーリンク

検証対象

検証するのは値段、時間、利用のし易さの3点で検証したいと思います。

特にLCCでは値段がかなり前後するので、目安で考えてください。

値段の比較

値段は圧倒的にLCCに軍配があがります。

特に1ヶ月以上先の予約であれば東京ー大阪間だと5000円以下のフライトがあります。

往復でも1万円以下です。

近日中でも1万円以下がLCCの料金になります。

新幹線では13620円が定価です。

指定席だと更に値段はあがります。

割引などを使っても12000円程なので、値段は圧倒的にLCCのほうが安いです。

※フライトは成田ー関空です。目的地までの値段となると、東京⇄成田空港、関西空港⇄市内の料金が発生するので、片道だと+2000円、往復だと+4000円ほどかかると思った方が良さそうです。

時間の比較

飛行機の方が乗車時間は短いですが、空港までの移動時間、チェックインの時間などがあります。

そのため、時間にはそれほど違いがありません。

飛行機

東京ー成田空港は約1時間

チェックインに30分

飛行機搭乗ー降りるまで1時間半

関西空港ー大阪まで約1時間

合計で4時間

新幹線

東京ー東京駅 30分

東京ー大阪間 約3時間

新大阪ー大阪 30分以内

合計4時間以内

飛行機の方が遅れる可能性や移動時間は長くなる可能性があります。

オンラインチェックインやモバイルコードを使えば、時間は短縮できますが、それでも最低4時間はかかります。

そして飛行機の時間はある程度決まっています。

新幹線であれば、新幹線が通ってる駅まで移動すれば、本数も多いです。

目的地によりますが、新幹線の方がアクセス方法や時間早いです。

利用のし易さ

これも圧倒的に新幹線です。

新幹線はインターネットでも買えますし、緑の窓口で購入、変更もできます。駅の機械でも変更も可能です。

その点、LCCは決められた時間、座席、チェックインなどガチガチに決められてます。

LCCでは予定の変更などにも手数料がかかります。

まとめ

早くから予約を取れば圧倒的に安いのがLCCです。

上手くいけば、新幹線の半額で購入可能です。

その代わり、予定はかっちりとするので、フレキシブルにはいきません。

また、空港までの移動の時間もあるので実質的には新幹線よりも時間がかかることの方が多いです。

もちろん目的地によって様々ですが、中心街が目的地の場合、新幹線のほうが早く到着できます。

仕事などでは予定の変更が効きやすい新幹線が好まれ、個人の旅行などでは値段の安いLCCが多く使われるようです。

頻繁に東京ー大阪の移動が多ければ、新幹線とLCCを上手く使い分けて、賢く移動してみてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
楽天