エチオピアのアディスアベバ国際空港での乗継に関して

エチオピアのアディスアベバ国際空港

2017年にエチオピアのアディスアベバ国際空港で乗り継ぎをしたので、その時の記録です。

スポンサーリンク

エチオピア航空の乗換え

エジプトのカイロから南アフリカのヨハネスブルクに行くためにアディスアベバ国際空港で乗り継ぎをしました。

航空会社はエチオピア航空です。

エチオピア航空とは

エチオピア航空は日本で言うANAやJAL みたいな存在です。

機内食や飲み物のサービスもありました。

機内にはクッションもあり、サービス的には良かったですが、愛想はいまいちでした。

深夜便だったので、CAも眠かったのかもしれません。

乗換え時間は1時間!?

カイローアディスアベバ、アディスアベバーヨハネスブルクの乗換え時間はたった1時間5分しかありませんでした。

日本では乗り継ぎ時間は最低でも1時間半、海外では3時間みといたほうがいいと言われてますが、1時間で乗換えできるか不安でした。

しかし、エチオピア航空のホームページで最低乗換え時間を確認したら、それはクリアしているようなので、同じ航空会社なのでカイローアディスアベバが遅れても何とかしてくれるだろうと思い予約しました。

アディスアベバ空港での時間潰し

僕はそんなにいませんでしたが、空港内にはカフェや寝やすそうな椅子がありました。

肘掛けもない椅子もありましたので、もし乗り継ぎ時間が長かったとしても寝ることはできそうです。

またフリーWi-Fiもありましたが、何度やっても接続できませんでした。

実際の記録

実際のフライトの記録です。

出発は遅れる

カイロの出発は予定時刻の20分後に飛び立った。

この時点で微妙かと思ったが、到着すると予定の20分前に着陸した。

飛行機はターミナル2に到着したが、建物から少し遠いので、バス移動となった。

乗り継ぎも入国の人も同じバスで空港の建物まで行った。

空港での乗り継ぎ

乗り継ぎは比較的わかりやすかった。

アディスアベバ空港は大きい空港だが、案内板がしっかりあり、わかりやすい。

カイロで貰ったチケットにもターミナルやゲートは既に記載してあったので、ゲート付近までは難なく移動することができた。

この時点でボーディングタイムの20分前だ。

フライトの出発時刻の約30分前にボーディングタイムが設定されていたので、飛行機を降りてから、10分もかからずゲートまで来ることができた。

残り20分あったので、ラウンジに行こうかと思ったが、20分ならゲートで待っていようと思った。

ゲート直前の荷物検査

日本では出国前に荷物検査があるが、アディスアベバ国際空港ではゲートに入る直前に検査がある。

そのため、ボーディングタイムちょうどに行くのはちょっと危ないかもしれない。

たいして人数も並んでないのに荷物検査が終わるまで15分もかかった。

日本なら5分で終わるような検査もダラダラやっているのと荷物が異常に多いので、時間がかかる。

結局、ゲートに到着するのはボーディングタイムの5分前だった。

搭乗は少し遅れたので、余裕はあったが、荷物検査は早めにしたほうがいいと思った。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
楽天