ナミビアでSIMカードを買うのと設定方法

ナミビアでSIMカードを買う

ナミビアでSIMカードを買った時の記録です。

スポンサーリンク

ウィントフックの空港で購入

2017年にウィントフックの国際空港で現地SIMカードを購入しました。

キャリアはMTCという会社です。

このMTCという会社が1番ナミビアで大きいキャリアなので、この会社のSIMカードを買うことをお勧めします。

購入方法

空港でも買えますし、街中でも購入可能です。

僕は空港のブースで購入しました。

値段

SIMカードと1.5ギガのパッケージで80ナミビアドル(約700円)でした。

パッケージ

CTMの料金体系はわかりにくいです。

そのためawehというパッケージを購入することをお勧めします。

購入から設定まで

購入から設定までの一連の流れです。

空港のブースで

空港のブースで1.5ギガの利用とナミビアに何日間滞在するかを伝えました。

そうするとSIMカードを渡され、その後にレシートを渡されました。

お金は80ナミビアドルを支払いました。

SIMカードの設定

まず、SIMカードをスマホに入れます。

SIMカードにはロックがかかっていますので、SIMカードを購入した時に入っている情報(PIN)を入力します。

これで、スマホは電波を受信するはずです。

トップアップ

これだけでは、データ通信ができないので、トップアップする必要があります。

トップアップするにはSMSを送る必要があります。

先ほどもらったレシートに16桁の数字が書いてあります。

その数字を【132】にSMSを送ります。

レシートには4桁毎に#がついていますが、#を抜いた数字を入力して送信します。

これでトップアップは終了です。

トップアップの確認

トップアップがしっかりできたか確認するには*131#に電話すると確認することができます。

これをしなくてもトップアップがうまくいくとSMSが送られてきます。

データ通信ができない

僕の場合はこれでもデータ通信ができませんでした。

トップアップも完了しているが、データ通信ができませんでした。

その時はSMSで送られてきたのですが、1521にgprsとSMSを送ります。

これをすればデータ通信できるようになりました。

ナミビアでのSIMカードの利用

僕はナミビアでレンタカーを借りたので、SIMカードは使えました。

レンタカーで何かあったときに連絡できるようにする事は重要です。

また、ナミビアはWi-Fiも基本的に弱いです。

SIMカードの電波も街中以外はほとんどありません。

それでも、何かあったときに連絡できる手段があるとないのではだいぶ違います。

1.5ギガで電話もできて700円なので買っておいて損はないと思います。

また、レンタカーではナビ代わりだったり、キャンプ場ではWi-Fi自体ないところもありますので、僕は重宝しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
楽天