チョベ国立公園のサファリはボートとゲームはどちらがおすすめなのか?

スポンサーリンク

チョベサファリロッジ

ボツワナのカサネにあるチョベサファリロッジから格安にサファリツアーがあると聞いて、行ってきました。

 

スポンサーリンク

格安サファリツアー

サファリツアーはボートツアーとゲームツアー(車で公園内を散策)があり、ツアー代金と公園への入場料がかかります。

 

ボートツアー代金

ボートは250プラ(約2800円)でした。

これに公園のエントランスフィー(入場料)が70プラかかります。

 

ゲームツアー

こちらは280プラ(約3100円)です。

こちらもエントランスフィーが70プラかかります。

 

2つのツアーを同じにすると公園のエントランスフィーは一回で済みます。
違う日に予約すると二回分支払わないといけません。

 

2つのツアーを同一日に行くとなると、ゲームツアーを午前中に行き、午後にボートツアーに参加になります。

 

スポンサーリンク

ゲームサファリに参加

ゲームサファリは朝6時から始まります。

僕がチョベ国立公園に訪れたのは10月でしたが、昼は暑く朝は長袖が必要でした。

 

チョベサファリロッジのレセプションに5:45に集合して、4WDに乗り込みます。

公園に入る前からシマウマに遭遇しました。

 

それから公園に入るとキリン、象、カバ、ワニ、ライオン、バッファロー、ジャッカル、インパラ、イノシシ、鹿みたいな動物、鳥たちに出会います。

水辺の動物はちょっと遠くからですが、ちゃんといました。

 

途中にコーヒーとティータイムがあり、ツアー時間の3g時間はあっという間に過ぎました。

 

ボートツアーにも参加

ボートツアーは午後3時からでした。

ゲームサファリとは違い、ボートからゆっくり動物を眺めます。

 

カバやワニはかなり近くまで寄ってくれます。

象が川を大群で渡っている姿も見れました。

ボートツアーはゆっくりと動物を見ます。

 

船内ではビールも売られているので、きんきんに冷えたビールを飲みながら見れます。

ただ、午前中のゲームサファリでみた動物とかぶるので、午前中ほど興奮はしなかったです。

 

ゲームサファリとボートツアーで必要なもの

両ツアーとも近くで動物を見ることができますが、近寄れない動物もいます。

やはり双眼鏡かカメラの望遠レンズは必須だと思いました。

 

僕はカメラの望遠レンズを持っていたので良かったですが、ないとちょっと寂しいです。

せっかか発見できた動物が小さくしか見れないのは悔しいです。

 

是非、サファリに参加するなら望遠レンズか望遠鏡を持って行きましょう。