カサネのチョベサファリロッジを辛口に評価する

スポンサーリンク

チョベサファリロッジとは

ボツワナのカサネにある四つ星ホテルのチョベサファリロッジは、日本人バックパッカーに絶大な人気があります。

それは四つ星ホテルながらキャンプ場もついており、1000円以下で宿泊することも可能だからです。

そのチョベサファリロッジを辛口に評価したいと思います。

スポンサーリンク

スタッフの対応

受付からレストランの対応まで、日本にも引けを取らない対応でした。

スタッフの対応はかなり良かったと思いました。

愛想もいいですし、何の問題もありません。

キャンプ場

残念ながら、キャンプ場はレセプションやホテルから少し離れているため、Wi-Fiが届きません。

また、地面は土で堅いです。

動物もいますし、サルが食べ物を狙ってきます。

ゴミ箱はしっかりあります。

また、キャンプする場所はしっかりと番号がふられており、1つの番号に電灯と電気があり、充電することができました。

キャンプ場では火を起こすことはできますが、キッチンがありません。

キャンプ施設があるというよりは、キャンピングカーでの利用を前提にしているようです。

ホテルに付いているトイレは綺麗でしたが、キャンプ場側のトイレ兼シャワーは四つ星ホテルとは思えませんでした。

もちろんホットシャワーはでるので問題はないです。

アクティビティ

アクティビティは事前情報通り、安かったです。

早朝のゲームドライブ280プラ(約3000円)、昼過ぎのクルーズ250プラ(約2800円)、それに公園の入場料70プラ(約800円)でサファリが楽しめます。

合計で600プラでした。

ホテルのアクティビティの予約なのでクレジットカードが使えました。

この点については文句なしです。

サファリですが、入場料は同じ日にサファリをすると一回分で済みますが、違う日にサファリをすると入場料はもう一日分かかります。

同じ日にサファリを予約すると一回分入場料の節約ができます。

スーパー

チョベサファリロッジの近くにはスーパーがあります。

レセプションから近いスーパーの距離とレセプションからキャンプ場までの距離は同じくらいです。

更に大きいスーパーはチョベサファリロッジから1.3キロの所にSparというヨーロッパのスーパーがあります。

近くのスーパーよりもこちらのほうが若干安いです。

近くのスーパーにはキャンプ道具のテントなどが399プラ(4400円)で売っていました。

Sparにはキャンプに必要な薪や炭なども売られていました。

キャンプについて

安く宿泊するにはテントが必須ですが、テントだけで約4400円します。

更にテントだけでなく、寝袋やクッションなどを購入すると軽く1万円します。

ちなみにアフリカで購入すると高いです。

僕はエジプト、南アフリカ、ナミビア、ボツワナでテント用品をチェックしましたが、ヨーロッパのスペインで購入したほうが断然安かったです。

また、日本から直接アフリカに来るなら日本で買ってきた方が質も値段も断然良いです。

ヨーロッパ経由ならヨーロッパでキャンプ道具を用意した方が日本よりも安いです。

まとめ

大絶賛されるチョベサファリロッジに行きましたが、大絶賛されているので逆にハードルが高くなり、僕はちょっと拍子抜けしました。

確かに1000円以下で宿泊できるし、その値段なら満足です。

しかし、昼間のWi-Fiは予想以上に遅かったり、期待が高かっただけにちょっと残念だと思ったところもあります。

コスパからしたら満足です。

ですが、ハードルを上げすぎただけに目についたところがありました。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存