クレジットカード会社に付帯保険の英文証明書を請求する方法

キューバに行くには英文証明書が必要

キューバに今度行くことになったのですが、入国するのに必要な書類があります。

  • 海外旅行保険証明書
  • ツーリストカード

この二つの書類が必要になります。

ツーリストカードは日本で取得するなら、キューバ領事館、海外からなら空港で取得したりできるのですが、海外旅行保険証明書(英文もしくはスペイン語)が必要になります。

アメリカ資本の保険会社はダメだという情報ですが、国交が正常化したところ

この英文の証明書なのですが、見せなくても良かったという情報もあり、本当にいるか疑問ですが、クレジットカードの付帯保険があるので、時間があるのでせっかくなので請求してみようと思いました。

スポンサーリンク

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードの自動付帯保険を使ってみたいと思います。

まずは、エポスカードのサポートセンターに電話してみました。

英文証明書取得の流れ

まずは、エポスカードのカスタマーセンターに連絡してみました。

0120-20-5544に電話して、英文証明書が欲しい事を伝えたら、専用の窓口を教えてもらいました。

0120-11-0101こちらに折り返し電話したところ、対応してくれるそうです。

最初からこちらに連絡しておけば良かったです。

発行の際に必要な情報

発行は無料でやってくれます。

必要な情報は下記になります。

  • 日本出国日
  • 日本帰国日
  • カード番号
  • 生年月日
  • パスポートの名前

発行には一週間から10日程かかるらしいので、日程が決まっていれば早めに連絡したほうが良さそうです。

※実際には1週間ほどで英文証明書は到着しました。

エポスカードについて

エポスカードはゴールドカードでなくても、無料の自動付帯保険がついています。

自動付帯保険とはもっているだけで、保険に入れるというものです。

通常のカードよりもゴールドカードのほうが補償額は上ですが、ノーマルカードでも十分の保険額です。

→エポスカードで保険が十分だと言える理由

キューバの保険

実際にキューバへ行く場合は、カンクンから行くことが大多数だと思います。

その場合、1日2ドルから3ドルで簡易保険に加入できるそうです。

そのため、入国できないということはまずないそうです。

ちなみにツーリストカードはカンクンの空港で買えます。

航空会社が売ってくれるそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存