横浜でパスポートのページを増やしてみた

パスポートの増補申請

海外によく行くとパスポートのページが無くなることがあります。

ページが無くなるとスタンプが押せなくなるので、無くなる前にページ数を増やす必要があります。

パスポートのページは一回だけ増やすことが可能です。

このパスポートのページ数を増やすことを増補と言います。

増刷ではありません。

今回、桜木町のパスポートセンターで増補申請したので、その時の記録です。

スポンサーリンク

申請に必要なもの

今回、申請に必要なものだったのはパスポートとお金だけでした。

住民票や戸籍謄本、戸籍抄本はいりませんでした。

お金は2500円でした。

申請書を提出

申請書に必要事項を記入します。

この申請書はパスポートセンターにありました。

申請書の内容はパスポートの内容を書くだけです。

パスポートナンバーや生年月日などです。

パスポートと申請書

パスポートと申請書を提出します。

そうすると引き換え用紙がもらえますので、この引き換え用紙に証紙2500円分を購入して、張れば終わりです。

パスポートの引き換え

パスポートの増補は30分で終わりました。

めちゃくちゃ簡単です。

パスポートの増えたページ

パスポートの増補は40ページでした

これだけあれば当分は増補する必要がありません。

パスポートの増補は一回だけなので、次回、ページが少なくなれば新しく作るしかないようです。

パスポートの増補の代理申請

今回、自分のパスポート以外に嫁さんのパスポートの代理申請も行いました。

申請内容は全く同じですが、代理申請をする場合には委任する必要があります。

申請書の下部に委任する旨が書かれた箇所があるので、これを事前に書いてもらう必要があります。

ここは本人に書いてもらうのが大前提ですが、確認はされませんでした。

代理申請の場合は当日受取はできない

代理申請の場合は受取用紙に委任欄があります。

そのため、これを一度書いてもらう必要があるので、当日受取ができません。

本人以外が代理申請をする場合は最速でも受取は翌営業日になるので注意が必要です。

まとめ

  • パスポートの増補は簡単。
  • 増補は当日受取できる。
  • 待ち時間は30分。
  • 必要な物はパスポートと申請書とお金2500円。
  • 代理申請の場合は受取は最速でも翌日になる。

横浜のパスポートセンターの情報

所在地:〒231-0023 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル2階


営業時間

月曜日・木曜日・金曜日は、9時から16時45分まで

火曜日・水曜日は、9時から19時まで

次回は海外でパスポートを無くしてしまった時の対処方法を書きます。

→パスポートを無くした時の対処方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存