東京ゲートウェイからGateHubに入金できなかった時の対処方法

東京ゲートウェイからの入金

僕は以前から仮想通貨を持っており、GateHub(ゲートハブ)というウォレットを利用していました。

かなり放置していたので、以前は東京JPY発行所という名称のところからの入金だったのですが、現在は東京ゲートウェイという名前に変わりました。

この東京ゲートウェイから入金をしようとしたのですが、GateHubへ入金が確認されませんでした。

東京ゲートウェイのマイページをみると着金は確認できたが、送金できないと連絡がありました。

スポンサーリンク

東京ゲートウェイからGateHubに入金するにはトラスト設定が必要

なぜ入金されないか問合せをしてみたところ、トラスト設定がされていないと連絡がありました。

トラスト設定という意味がわかりませんでしたが、信頼できるところを設定するみたいな感じだと思います。

これを設定しないと入金できないので、トラスト設定の仕方を記録します。

トラスト設定方法

これらは全てGateHubでの設定です。

ウォレットの「Advanced」ボタン→「SET TRUST」で、東京ゲートウェイのアドレス(rDKcJtUW5b8URJB5AVb41jkTeETfXWwahe)とCurrencyに「JPY」と入力。

次に、取引の設定方法をします。

「TRADE」メニューで以下の操作をします。

  1. Ripple名の右のプルダウンをクリック
  2. XRP / JPY(Ripple/TokyoGW)を選択

メニューにない場合

「+」ボタンから追加、「Add Market」、「XRP-Ripple」と「JPY-TokyoGW」※を選択

※「Custom」ボタン、Issuer Name「TokyoGW」、Ripple Address(rDKcJtUW5b8URJB5AVb41jkTeETfXWwahe)、Currency「JPY」

これを行うことによりトラスト設定が完了し、入金されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存