広州白雲国際空港での乗継時間とラウンジのレビュー

広州白雲国際空港

広州国際空港はかなり大きめの空港です。

僕はアメリカへ行くのにチケットが安かったので、広州国際空港経由でロサンゼルスまで行きました。

どのくらい安いのかと言うと、アメリカの往復で6万5000円でした。

広州国際空港は香港に近いので、だいたい4時間半くらいのフライトです。

片道3万円台のアメリカ航空券の予約方法はこちらです。

そんな中、フライト乗継のフライトまで時間があったので、広州国際空港の乗継のレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

空港での乗継

羽田から広州までは4時間40分のフライトでした。

ほぼ遅れることなく到着しました。

1時間の時差がありますが、出発時刻が遅れていない限りそこまでの遅れはないと思います。

空港ではどこにつくかわかりませんが、僕の場合は空港に到着して、中国に入国することなく乗継しました。

乗継の人はほとんどいなく、乗継までの時間は30分あれば次のゲートまでいけると思います。

フライトを降りてから次のゲートまで

フライトは時刻通りに着いたので、次のフライトのゲートへ向かいました。

僕は羽田ー広州ーロサンゼルスと中国南方航空のフライトです。

チケットは羽田で事前に広州ーロサンゼルス間のフライトも発券してもらいました。

そのため、中国に入国することなく乗継できました。

広州空港では乗継の発券カウンターが見つからなかったので、アメリカまでの航空券を発券してもらえなければ、一回入国して、再度チェックインする必要がありましたが、そんなことはなかったです。

もちろん荷物もスルーバゲージしてもらったので、広州空港では荷物の受取もありませんでした。

空港での乗継では入国はしませんでしたが、乗継チケットの確認と簡単な荷物検査はありました。

空いていたので時間は10分程度でした。

乗継まで時間がある時は

僕はアメリカまでのフライトまでかなり時間がありました。

約5時間もありました。

僕はプライオリティパスがあるので、広州空港の提携ラウンジを調べるとたくさんありました。

乗継のゲートの近くに2個ありましたし、他にも何個もラウンジがありました。

国際線の乗継だとAのゲートになりますが、Aのゲートだけでも提携ラウンジは4つあり、国内線であろうBのゲートにも何個かラウンジがあります。

ラウンジでは

ラウンジではビール等が飲み放題でした。

食べ物もあり、時間を潰すには最適です。

またラウンジにはWi-Fiもあり、利用できます。

広州空港にはフリーWi-Fiもありますが、ラウンジのほうが安定していました。

ラウンジはラウンジによって食べ物の種類が違い、気に入ったラウンジで過ごすほうが良いと思います。

ラウンジは多数ありますので、1つのラウンジでは基本的に3時間までしかいることはできないが、はしごすることによって、6時間くらいの滞在なら余裕です。

インターネット利用の注意点

中国ではグーグルなどの利用が規制されています。

検索をグーグルでやると検索できないので、ヤフーで検索したり、Gmailの利用やフェイスブックなども利用できません。

そのため、メールチェックができないのが難点でした。

まとめ

広州空港での乗換はそこまで不便ではなかった。

プライオリティパスがあればラウンジにも入れるし、マックやスタバもあるので時間は潰せる。

フリーWi-Fiもあるので、問題点はない。

しかし、グーグルやライン、SNS関係は使えないので、長時間の乗継はちょっと辛いかも。

3時間以内の乗継なら快適に過ごせると思いました。

→世界中のラウンジが使えるプライオリティパスの取得方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存