【700円以下】激安でリオのカーニバルのチケットを手に入れる方法

スポンサーリンク

2018年の2月にリオ・デ・ジャネイロのカーニバルを見てきました。

この時に現地でチケットを700円以下で手に入れる事ができました。

その時の方法とリオのカーニバルについての情報を記録します。

2019年以降に行かれる方は参考にしてください。

チケットの値段

リオのカーニバルのチケットは日本で手に入れようとするとバカ高いです。

その分、良い席なんですけど、バックパッカーには手が出せないくらいの値段なんです。

安くても1万円からで、高いと5万円くらいします。

もちろんリオの街中でも買うことができます。

それでも1万円くらいはしちゃいます。

スポンサーリンク

チケットをどのようにして手に入れたのか?

格安にチケットを手に入れるにはダフ屋から手に入れる必要があります。

聞いた情報では、余ったチケットや関係者から無料で手に入れたチケットを売っているので激安なんだとか。

※本当のところはわかりません。

とりあえず、激安にチケットを手に入れるには当日に購入する必要があります。

当日チケットはどこで買えるか?

僕は当日に買おうとしましたが、どこで買えるのか?という疑問がありました。

こういう時は実際に行ってみればわかると思いました。

カーニバルの会場とセクター

カーニバルの開催場所はサンボードロモというところです。

この会場の近くのメトロ駅はPraça OnzeとCentralと2つあります。

コパカバーナからアクセスするにはCentralのほうが手前にあります。

ちなみにCentral駅は奇数セクター。

Praça Onze駅は偶数セクターになっています。

セクターは2〜13セクターまであります。

セクターについてはこちらを参照してください。

これをみるとわかるように、セクター12と13は若干後ろに下がっています。

そのため安いちけっとになります。

ダフ屋はどこで見つけられるのか?

僕はPraça Onzeという駅で降りました。

駅の改札を出るとチケットを売ろうとしている人が何人も声をかけてきました

ここで買うこともできます。

ここから、自分の狙っているセクターへ行きましょう。

大抵はセクターの目の前にチケットを売ってる人がいるので、向こうから声をかけてきます。

僕はセクター12へ行ったのですが、10人以上から声をかけられました。

買う時のポイント

ダフ屋はそこらへんにいて、声をかけてくる。

セクター入口付近にいれば声をかけてきます。

激安の理由

値段は9や11セクターが高く、12.13セクターが激安です。

理由は審査員席が近かったり、外国人用の席だったりするからです。

激安な12.13セクターは現地の人用だったり、審査員が終わった後なので、やる気がなくなるからといった理由です。

当日券の値段

僕はセクター12ですが、20レアル(約700円)で購入しました。

最初に声をかけてきた人には、他のセクターだと思いますが、100レアル(約3500円)と言われました。

どこのセクターと聞くと英語がわからなかったのか、値段だけ言って、コミュニケーションがとれませんでした。

この後にセクター12のチケットを買ったのですが、最初に40レアル(約1400円)と言われましたが、2枚買うからと言って、1枚20レアル(約700円)にしてもらいました。

正規でも安く買える

チケットの値段はしっかり調べておいたほうが良いです。

正規チケットも当日や前日なら格安で購入できます。

僕がカーニバル当日に正規のWEBサイトで金額を確認したら、このように値下がりしてました。

  • セクター3 278レアル→100レアル
  • セクター9 518レアル→180レアル

半額以下になってました。

会場までのアクセスは?

会場までのアクセス方法ですが、僕はカーニバルが始まってから向かいました。

会場まではメトロが良いと思います。

僕はタクシーで行きたかったのですが、当日にグーグルマップで見たら凄いことになってました。

当日の道路状況は?

会場の周りは通行止めばかりです。

そのため、タクシーで会場近くまで行けないので、最初からメトロに乗ったほうが良いと思いました。

タクシーで近くまで行けますが、会場まで歩かなくてはならないし、人通りが少ない所で降ろされても嫌なので、メトロにしました。

メトロの治安

メトロは安全だと思いました。

まず、入口に警察がいますし、ホームにもいました

電車の中にはいませんでしたが、電車の中には人がたくさんいるので、大丈夫です。

ただ酔っぱらいやガラの悪い人はいたのですが、何かされるという事は無いと思います。

ちなみにメトロは1回4.3レアル(約130円)です。

会場の入口は?

会場の入り口はメトロ駅のほうがセクター2と3です。

南に行けば、セクター12、13になります。

北からも南側からも入る事ができますが、ほとんどの人がメトロを使って訪れるので、セクター2のほうから向かうと思います。

セクターによって入口が違うので、案内板があるので、その通りに行きましょう。

チケットをチェックするのはセクターの前の入り口になります。

メトロは何時まで動いているか?

メトロはカーニバル期間中は24時間動いています

通常だと深夜は動いていないのですが、カーニバル期間は特別です。

好きな時間に行って、好きな時間に帰りましょう。

到着する時間の目安

カーニバルは夜21時からスタートして、翌朝6時頃までやっています。

開場は17時からですが、始まるまで何をしてればいいかわからないので、始まってから行きました。

地元の人たちも22時くらいまでは、ポツポツ空きがあり、1番前の席にも空きがありました。

1番前でもセクター12は遠いですけど。

0時を過ぎたあたりから、人が増えだしました

そんな感じだったので、セクター12、13の激安チケットを取るのならそんなに早く来る必要はないと思います。

セクター12はお勧めできない

安いチケットでリオのカーニバルを見るという目的なら、セクター12はお勧めです。

しかし、せっかくリオまで来たんだから、良い席でカーニバルを見たいと思うなら他のセクターにしましょう

ぶっちゃけパレードは遠いし、セクター10.11の斜め後ろに位置しているため、死角があります。

安いので仕方ありませんが、せっかくなら近い方が良いとおもいます。

僕は安かったので良かったですが、近い席でも見たかったな!と同時に思いました。

お金に余裕があるなら良い席で見てください。

雰囲気味わいたいだけならお勧めです。

カメラなどの貴重品の持ち込みについて

僕は普通に会場に持っていきました。

会場の中では普通に首からかけていましたが、ホテルから会場まではリュックの中に入れてました。

スマホで途中の道などは撮影しましたが、特に何もなかったです。

お金も普通に持っていきました。

何もなかったです。

気をつける事に越したことはないですが、自己防衛をしっかりしていれば大丈夫だと思います。

※自己責任なので怖いならホテルのセフティーボックスに預けておきましょう。

警察について

警察はめっちゃいます。

メトロにもいますし、会場の周りにもいます。

警察がいるので、あまり変なことはされないと思いますが、警察がいないところは早歩きしたり、大勢の人混みに紛れたり、自己防衛は大切だと思います。

薄暗いところもありましたが、そこまで気にしすぎる事はないかと思いました。

カーニバル期間の宿について

カーニバル期間はリオの宿はマジで高くなります。

通常だと、ドミトリーで1泊2000円の宿がカーニバル期間中だと1泊1万円になるそうです。

直前に予約しようとすると高いし、ショボい宿しか残っていません。

3ヶ月前から1ヶ月前には予約しておいた方が良いです。

1ヶ月半前にならまだよさげな宿が残っていました。

僕はAirbnbで予約していたのですが、直前キャンセルをされて、1週間前に宿を予約しました。

気になるのは治安

ブラジルのリオはブラジル人も危険と言ってました。

知り合いのブラジル人にいろいろと聞いた情報はこちらに載せておきます。

宿泊場所について

宿ですが、インターネットに載っている情報でコパカバーナ、ボタフォゴ、イパネマは比較的安全と言われてますが、他にもグローリア、フラメンゴも安全だと思います。

ブラジル人はセントロも安全だと言ってました。

それは警察がたくさんいるからと言ってました。

インターネットでセントロで強盗にあったとの情報がありましたが、僕が訪れた時はそんな強盗があるような雰囲気ではありませんでした。

そして、僕が泊まったエリアはヴィーライザベウという事前情報が全くない地域でしたが、いたって普通でした。

近くにスーパーやマックもありました。

予約はbooking.comで

予約はいろいろなサイトを見ましたが、リオはbooking.comが1番安くて、載っている宿の数も多かったです。

コパカバーナやボタフォゴの宿はすぐに埋まってしまうので、ちょっと離れた地域を選ぶと安くてクオリティーの高い宿に泊まれます。

僕は1週間前の予約でしたが、4泊して二人で16000円の宿を予約できました。

しかも朝食付きでした。

完全にラブホみたいなホテルでしたが、グーグルマップの評価が4.6で口コミ件数も500件オーバーだったので、良いホテルでした。

※このホテルはラブホではないらしい。

移動はメトロ & Uberが最強

メトロは1回4.3レアル(約130円)です。

それにUberは距離別ですが、リオなら平均して2キロくらいなら約300円。

12キロ走っても1000円かからないです。

ホテルからメトロ駅まではUberで移動。

メトロはどこまで乗っても定額なので、この方法ならリオの市内なら格安に移動できます。

リオは治安が悪いと言われていますので、タクシーを利用する人が多いでしょう。

僕も何か起こってしまうのが嫌だったので、この方法を使いました。

この方法が1番安全かつ安く移動でき、楽なので、マジでお勧めします。

5キロ以内の移動なら、Uberのみの移動が楽です。

安全な移動手段をお勧めします。

僕は何も起きませんでしたし、そんなに不安に思うことはないと思いますが、他の街に比べると確かに治安は悪いと思います。

もし、Uberを使ったことがない人はこちらでUberについて説明します。

クーポンコードも付けておきます。

1回分くらいなら無料で乗ることができるとおもいます。

まとめ

  • 当日券なら700円以下で買える。
  • やっぱりチケットは高いほうが満足度は高い。
  • ダフ屋はそこらへんにいる。
  • 正規でも当日割引がある。
  • 当日は交通規制あり。
  • メトロは安全。
  • 治安についてそこまで不安になる必要もない。
  • 宿は早めに予約するべし。
  • Uber&メトロが安くて楽な移動手段。

以上が2018年のリオのカーニバルに参加した時の情報です。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存