【高還元】クレジットカードの還元率ってそんなに重要なの?

スポンサーリンク

クレジットカードを作る時には、そのクレジットカードがなんで必要なのか考えてから作ると思います。

僕は海外に行くのにお得なカードを求めて、一時期クレジットカードを作りまくった時がありました。

特に重要視していたのが高還元のクレジットカードでしたが、実際にはそんなに必要なのか?と思う事もしばしば。

そこで今回は高還元率のクレジットカードってそんなに重要なの?ということについて書きたいと思います。

高還元率のクレジットカード

クレジットカードを利用するとポイント還元やマイルに移行できるという謳い文句でクレジットカードを紹介されることがあります。

特に比較サイトなんて高還元がうたい文句みたいになっていて、そんなに良いカードならなんでみんな持っていないのか?と思ってしまいます。

還元率ってそんなに重要な事なんでしょうか?

僕はそれ以上に必要な事があると思います。

それはカードに合った使い方をすることです。

スポンサーリンク

年会費の罠

高還元率のクレジットカードによくあるのが、年会費です。

年会費が3000円くらいなら可愛いですが、年会費が1万円以上するクレジットカードもあります。

果たして、そんなに良いクレジットカードでも年会費が1万円もあったら、それを回収するのが大変です。

一般的にはクレジットカードの還元率としては1%あればいいほうです。

例えば1%の還元率だった場合、年間利用額100万円だったとしてもカードの還元率が1%だとしたら、年間の還元率は1万円です。

年会費で1万円かかっていると、実際には還元率と年会費が同じになってしまいます。

つまり年会費が1万円以上するクレジットカードだと年間利用料金は少なくとも100万円以上にしなくてはなりません。

ここからわかるように年会費がかかるカードであればそれを回収するのにより多くの利用が必要になってきます。

クレジットカードの決め手は還元率よりも特徴

クレジットカードを決める際に最も重要なのは還元率ではなく、そのカードの特徴で決めるべきです。

年間利用額が500万円もあれば高還元率のカードでも十分お得になりますが、一般の人はそれほどカード利用はしないと思います。

例えば年間の利用額が500万なら1%の還元率でも5万円なので、それはお得になるかと思います。

利用額が月に5万円であれば、年間60万円の利用。

月に10万円利用で120万円です。

月に20万で240万円の利用なので、1%の還元率だと2.4万円です。

もし年会費が1万円であれば、還元された2.4万円の中から年会費が引かれると考えると、お得になるのは1.4万円だけです。

そんなにクレジットカードを使ってもそこまでの還元率ではありません。

そこで見るべきところはクレジットカードの特徴なのです。

Amazonゴールドカード

Amazonのゴールドカードでは年会費が高いが、プライム会員に無料で入れたり、Amazonでの買い物が割引になったりと特徴がある。

Amazon会員は使ってみても良いカードだと言えます。

楽天プレミアカード

楽天のプレミアカードではプライオリティパスというものが無料で付いてくる。

このプライオリティパスは通常価格で入会すると4万円以上(399ドル)するので、プライオリティパスを取得するなら最適。

SBIゴールドカード

ネットで繰上げ返済の支払い可能。海外保険あり。

※2018年にはミライノカードというものに一本化され、繰り上げ返済をネットですることが不可能になってしまいました。

アメックスカード

最高ランクのステータスカード。年会費が高い。

使い勝手はそんなに良くないが、アメリカへ行く人や多少のお金を払っても便利なサービスを使いたい人はこれが良い。

EXカード

新幹線をネットで予約でき、金額も安い。

新幹線利用者なら持つべきカード。

まとめ

このように年会費があるカードにもそのカード固有の特徴がある。

上手く使えば高還元率カードよりもよっぽどお得になるクレジットカードです。

クレジットカードの高還元率よりも重要なのはクレジットカード自体の特徴です。

僕は海外に良く行くのでエポスゴールドカードが最強だと思っています。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存