【3/6】世界一周で総額20万円以上を節約する節約術:保険と予防接種編

スポンサーリンク

第3回目は保険と予防接種です。

長期間海外に行くとなると不安になるのが身体の面です。

やっぱり海外は日本と違って、病院が整っていなかったり、高額医療費を請求されてしまうというイメージがあります。

このような不安は最初に取り払いたいです。

そのため保険と予防接種は必須です。

第3回目:保険と予防接種を格安にする節約術

世界一周で必要な事の中に予防接種があります。

僕は予防接種を格安でやりました。

スポンサーリンク

タイで予防接種をうけれる

日本で予防接種をすると10万円かかりますが、タイですると半額以下でする事ができます。

タイでなくても、格安で予防接種できるところはありますが、有名なのはタイになります。

予防接種ですが、僕は必要な予防接種をかなりしましましまが、訪れた72カ国で1回も予防接種について言われませんでした

世界一周を終えた時に本当に必要だったか?と疑問に思いましたが、何か病気になってからでは遅いので、予防接種は受けといた方がbetterだと思います。

予防接種はどれを受けるかにより、値段は大きく変わりますが、日本で受けると10万円するのがタイのスネークファームという病院だと3万円で受けることができます。

このスネークファームは旅人の中ではかなり有名なのと、赤十字病院ですので、安心のおける病院です。

こちらの記事では実際にかかった総額なども記載しておきます。

節約額7万円

海外の長期の保険について

世界一周の保険についてもお話しします。

1年間の海外で生活を送ると考え、旅行保険に加入すると最低で20万円はかかります。

これはかなりの金額になります。

これを保険金額だけ考えれば無料にする事ができます。

クレジットカードの海外保険には二種類あり、自動付帯保険利用付帯保険というものがあります。

クレジットカードの保険期間はだいたい3ヶ月のものが多く、自動付帯のものは日本を出国してから3ヶ月で切れてしまいますが、利用付帯の保険には海外で公共交通機関を利用した時(決済してから)から保険が開始されるものもあり、自動付帯保険が切れる前に利用付帯保険の加入することで、保険期間を3ヶ月増やすことができます。

利用付帯の保険は補償額が低いので、複数のクレジットカード保険を合算したりして補います。

この方法だと理論上はクレジットカード保険を継ぎ足し続ければいいので、1枚の自動付帯のクレジットカードと3枚の利用付帯のクレジットカードがあれば、1年間は保険加入状態になります。

ただ利用付帯のクレジットカードの数が少ないのと、補償額が少ないので、僕は半年たったら一度日本に帰っていました。

そうすると、自動付帯のクレジットカード保険が復活しますし、利用付帯のクレジットカード保険を合算することで、補償額を上げていました。

日本に帰る費用と日本を出国する費用がかかりますので、費用的にはそれが10万円くらいかかると思ってください。

もちろんアジアから日本だとかなり安いですし、ヨーロッパからなら、ヨーロッパ発の往復便を買えば10万円くらいの航空券代金で済みます。

節約額10万円

1回目の節約額約2.55万円

2回目の節約額約1.5万円(中間値)

3回目の節約額約17万円

合計21万円の節約

第1回(お金・通貨について)

第2回(宿泊費について)

第3回(保険と予防接種について)

第4回(貯められるマイルについて)

第5回(データの保存について)

第6回(稼ぐ方法について)

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存