コムローイ祭りの前のチェンマイをゆっくり観光

スポンサーリンク

チェンマイにバスで到着してから

チェンマイの町並みはバンコクと違って、交通量も少なく排気ガスも少ない。

交通機関はバンコク程発達してないが、ソンテウという乗り合いバスやレンタルバイク、レンタル自転車があり、街内の移動は便利。

もちろんトゥクトゥクもある。

f973bf20-e6ee-46ea-8806-3ea534187364

僕らはチェンマイについて宿のチェックイン時間までは宿でゆったりとお茶をしていた。

255d1263-a020-45a1-a455-f22a199f08dc

宿はかなり綺麗。

アジアのゲストハウスは汚いというが、僕らは個室でそこまで汚いのには当たってない。

6d947446-b26e-4e58-a6a7-4dcfce725832

今回は予想よりも綺麗だった。

水回りは前回同様だったが、部屋についているので、前回のそれよりも綺麗だった。

スポンサーリンク

祭り前はどこも宿がいっぱい

僕らは基本的に前日に宿を取る。

なぜかというと面白いことがあったら、すぐに移動できるようにするためだ。

部屋も良かったので、連泊したいと言ったが、明日以降は祭りが終わるまで、もういっぱいだと言っていた。

とりあえず、明日以降の宿が決まっていないので、部屋に戻り宿を決めた。

連泊できるような宿はなく、高級なホテルならあったが、旧市街というチェンマイの街から離れていたり、値段が祭り前で高くなったりしていた。

そのため近場の宿を渡り歩く必要があった。

1泊ならあいている宿はたくさんある。

それに何かを我慢すれば、宿がないわけではない。

僕らは部屋でインターネットが使えること、個室、綺麗さ、値段を考慮している。

これらを総合して考えて、宿を取っているので、どれかを我慢するより移動する方を選んだ。

いつもより、値段は高いが今までの宿よりちょっといい宿が決まったので、街を散策することにした。

街の散策

チェンマイは旧市街という堀に囲まれた地域(旧市街)がある。

宿もこの旧市街内でとったので、この中を散策した。

3a561a6d-b4f4-4f54-9fc9-42c4ddf0a148

猫が街にいっぱいいた。

a6856bf9-eb3c-4847-8bb3-8a541cc7f88d

ターペー門という有名な門。

27bca6ec-cf90-4139-ab7c-b88640b0e4e4

ランタンも売られている。

399afc5a-3f63-42ae-b0c3-3454b0945b43

カラフルなお土産。

その他にもお洒落なレストランがあり、バンコクほど混んでいないので、回りやすい。

お祭りのチケットはソールドアウト

至るところに旅行代理店があるので、ランタン祭りの情報収集をしてみるが、チケットはどこもソールドアウト。

でも現地の人に聞いてみると、街の至るのところでランタンを上げると言っていた。

僕らの事前情報だとメイジョー大学というところで、ランタンを打ち上げる。

メイジョー大学は旧市街から遠く、車で40分という情報だ。

でも、街の人にはランタンはそこらへんで打ち上げられるからと言っていた。

詳しく調べると、メイジョー大学で打ち上げられるランタンは外国人向けでチケットは100ドルから300ドルということ。

少し情報も集められたので、バンコクではできなかったタイマッサージをやってもらうことに。

バンコクに比べて、チェンマイはマッサージが安い。

バンコクならだいたい1時間300バーツ。

激戦区でも1時間240バーツだったが、チェンマイは最初から200バーツ。

安いところならもっと安い。

僕らはお寺でやっているタイマッサージをやったが、ここは更に安く140バーツで1時間やってくれる。

ここで、旅の疲れを癒し、宿に帰った。

日が落ち、少し涼しくなってから行動開始。

チェンマイの夜

ナイトマーケットというところに向かった。

物価はバンコクと同じくらい。

基本的に高くない。でも、バンコク程ひどい客引きはない。

そのため、落ち着いて商品を見れる。

591d70d6-7051-4522-a44e-09772c7ae4ce

おいしそうなアイス。

img_2731

カラフルな液体。たぶん飲み物だと思う。

商品の値段はあまり変わらないが、サービス関係は少し安いと思った。

マッサージもそうだし、記念写真も安かった。

MKBセンターで6000バーツでタイ伝統の衣装を着て撮影できるが、こちらでは1000バーツでできる。

お祭り前で

お祭り前なので、どこも蝋燭をともしていた。

7da1754f-0e94-4b86-86ad-c8fe37497354

道のわきにもキャンドルが。

特に、チェンマイの旧市街の端っこの石垣のところに蝋燭がともっていた。

img_2751

無数についているキャンドル。

あまり遅い時間になると最初についていたキャンドルが消えてしまうので、時間はPM7時からPM9時くらまでがいいかも。

僕が確認しただけでも、この3か所はキャンドルが灯ってました。

map

明日以降のお祭りが楽しみです。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存