【預かり所】アーグラ駅で余分な荷物を預ける

スポンサーリンク

アーグラ駅で荷物を預ける

タージマハルに列車で行くなら、1番近いのがアーグラフォート(Agra Fort)駅だ。

アーグラにはタージマハル意外にもアーグラ城塞があるが、ぶっちゃけ1日あれば十分観光は可能だ。

むしろ、それ以上あっても、逆に何するか困る。

そのため、ホテルを使わない人が多いと思うが、その時に利用したいのがCloak Room(クロークルーム)だ。

スポンサーリンク

クロークルームの使い方

クロークルームの使い方は、めちゃくちゃ簡単だ。

まずはクロークルームの場所だが、フォート駅の1番線の中にクロークルームはある。

1番線は1番アーグラ城塞側の線路だ。

駅の構内にはチケットが無くても入ることができるのが、荷物を預ける時にパスポートとチケットを見せる。

クロークルームでは、荷物を出せば、書類を書いてくれる。

この時にパスポートとチケットを見せる。

チケットはClearTripで予約したメールでも大丈夫だった。

そして、荷物の引換に必要な書類を貰う。

この引換書が大事らしい。

荷物にはチョークで何やら番号を書かれるので、ある程度汚れてしまう。

僕は預けた時点ではお金は請求されなかった。

荷物を取りに行く

観光が終わったら、荷物を取りに行こう。

このクロークルームは21時半で閉まってしまうので、それまでに荷物を引き取りに行かなくてはならない。

できれば、預ける時にいつ閉まるのかを確認したほうが良い。

インド人は適当すぎるので早く帰ったり、適当な時間を教えたりするので、確認は再三したほうがよい。

この時間内に引換書を持ってクロークルームに行けば、すぐに荷物は返却してくれた。

お金は24時間以内なら1個16ルピーで預かってくれる。

本当に安いし、観光が楽になるのでオススメです。

タージマハルでも荷物預り所はある

タージマハルにも荷物を預かってくれるロッカールーム(Locker Room)はあります。

しかし、お金は20ルピーかかるし、タージマハルまで行くまでにも重い荷物を持っていく必要があります。

そのため、出来るなら駅で預けるのが楽だと思います。

アーグラフォート駅だけでなく、インドの主要な鉄道の駅には預かり所があるので、しかもかなり安く預かってくれるので、是非使ってみてください。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存