インドに1ヵ月いた僕が教える、行く前に知っておくべき6つの事

スポンサーリンク

インドに行く前に知っておいたほうが良いこと

インドにイメージで来ると大変です。

予想外の事がたくさんあるので、僕が先に知っておいたら良かったと思った事を教えます。

スポンサーリンク

SIMカードはデリー空港でしか買えない

SIMカードは国際空港なら、ほとんどの空港でおいてあります。

しかし、インドという国は違います。

チェンナイ国際空港では、SIMカードは買えません。

ATMも1台しかなく、それも壊れていました。

お金がおろせず、高い手数料を支払って現金を両替しました。

僕はこの時点でインドが嫌いになりました。

現地SIMカードは町中で買おうとすると、パスポートの他にインド人の知り合いの電話番号やら、現地の住所など、旅行者では到底無理な内容です。

たまに契約してくれるショップがありますが、できると言われて待っても、やっぱりできないと言われることもあります。

Wi-Fiが遅い

1000円以下の宿のWi-Fiは本当に遅いです。

早かったらラッキーくらいに思いましょう。

酷い時はラインの画像を読み込む事もできないWi-Fiです。

インターネットをしてたいなら、迷わず高いホテルを予約しましょう。

そして意外なのが、大きい鉄道駅では無料Wi-Fiがあるのですが、そのWi-Fiはインド??と思えるほど早いのです。

夜は寒い

インドの冬は意外と寒いです。

ウルトラライトダウンが必要なくらいです。

行く場所の気温を調べてから、出発するのもいいでしょう。

ガイドブックは必須

インドを旅するならガイドブックが必須です。

インターネットは通じるところ、通じないところがあるので、紙媒体かAmazonキンドルなどの電子書籍で持ち歩きましょう。

個人的にはスマホで見れる方が、どこでも見れるし重くないので、お勧めです。

もちろん紙媒体でも、紙媒体の良さがあります。

重さを気にしないなら紙媒体で。

オフラインで見れるのが重要です。

インドの移動は列車が基本

インドの移動は基本的に列車がメインになります。

長距離の移動は予約しておかないとほぼ乗れません。

早めの予約が必須です。

自分で列車を予約するためにClearTripというサイトがあります。

これを使いこなせば、安く列車移動できるので、事前に調べておくことをおすすめします。

マジで汚い

インドは基本的には、汚いです。

僕が旅した中でダントツです。

この先、旅してもインドより汚いところはないんではないかと思います。

ゴミはそこらへんに捨ててあるし、牛は放置されています。

キレイめな格好で行くところではありません。

僕がインドを旅して、これはあって良かったと思うアイテムをまとめました。

インドに関しては、事前に調べ尽くして行くことをお勧めします。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存