【チャンギ国際空港】到着後でも使えるラウンジ~プライオリティパス

スポンサーリンク

チャンギ国際空港のラウンジ

チャンギ国際空港のラウンジは各ターミナル1-3に全てあるが、到着後に使えるラウンジはターミナル3にしかない。

チャンギ国際空港は全てのターミナルにプライオリティパスが使えるラウンジがあるが、エアーサイド(Airside)というイミグレーション後にあるので、到着後に使えるのはこのTHE HAVEN BY JETQUAYというラウンジのみ。

スポンサーリンク

THE HAVEN BY JETQUAY

このラウンジはプライオリティパスがあれば、無料で行くことができます。

24時間使えるラウンジになっています。

プライオリティパスがあれば使えるラウンジはチャンギ国際空港でただ一つなので、すごい混むかと思えば、僕が行ったときはガラガラでした。

利用方法

プライオリティパスがあれば、受付でカードを見せてサインするだけです。

もちろん、無料で使うことができます。

ここでは、入場時に食べ物のメニューが渡され、選ぶことができ、この食事はレストラン級のおいしさです。

利用時間はMAXで3時間となっています。

また、プライオリティパスがあれば、2歳以下の子供は無料で利用できます。

ラウンジはお酒の提供もありますが、このラウンジではお酒の提供はやっていません。

シャワーなら無料で使うことができます。

もちろんタオルも無料でした。

有料なのは仮眠室くらいです。

場所

場所は到着ロビー(Arrivals Hall)の階になります。

第二ターミナルから移動してきたら、奥の方になりますので、【Pay-per-use Lounge】看板を目印にしてください。

第2ターミナルからなら手前に荷物預かり所があり、その奥になります。

近くにマックがありますので、そちらを目印にしてもいいと思います。

便利な使い方

到着後に入れるラウンジの便利な使い方としては、深夜到着や早朝到着であれば、仮眠室代わりに使うのがお勧めです。

乗り継ぎのため、チェックインまで時間がかなりあるというときにも使えます。

だいたいラウンジは3時間で利用が終わるので、チェックイン前はこのラウンジで時間を潰して、チェックインできる時間はイミグレーション後(Airside)のラウンジを使うというのが賢い使い方でしょう。

プライオリティパスについてはこちらで詳しく説明します

シンガポールの観光について

シンガポールは小さい国です。

半日の観光でも満足できますし、数日間でも楽しめる国です。

シンガポールにある有名な観光地をまとめてみました。

グーグルマップで共有できるので、シンガポールでどこに行けばいいか迷っている人は覗いてみてください。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存