【スタバ】上海のスターバックスカードとその使い方が難解すぎる

スポンサーリンク

中国のスタバ

中国にはスタバがこれでもか!!ってほどたくさんあります。

1つのショッピングモールに3つのスタバがあったのは、驚きました。

そんなスタバですが、中国にはスタバカードがないということも聞きます。

実際に中国のスタバに行ったときのことをレポートします。

スポンサーリンク

中国のスタバカード

中国には中国固有のスタバカードはありません。

ギフトカードならありますが、中国独自のデザインはありません。

このデザインならいりません。

これならありますが、やっぱり欲しいのは中国独自のデザインのカードが欲しいです。

中国のスタバにはポイントカードなる【My starbucks Rewards】というものがある

まずは、ポイントカードをお金を出して買います。

そうすると特典がついてくるとのことです。

特典1:3杯の無料=1杯買えば、もう1杯無料でついてくる×3回

特典2:朝に無料コーヒー×1回

特典3:無料でサイズをアップグレード×1回

ポイントカードの値段はデザインによって変わりますが、2017年では88元と98元でした。

詳しくはこちら

My Starbucks Rewards

ぶっちゃけ、全ての特典を利用できれば、ポイントカードの購入も悪くないです。

ポイントカードを使うには携帯電話の番号が必須

ポイントカードを使うには、アカウントを作る必要があります。

しかし、このアカウントを作るには中国の携帯電話の番号が必須です。

つまりポイントカードを利用するには中国の携帯電話番号が必要ということになります。

この時点で旅行者にはハードルが高くなります。

それでもポイントカードが欲しい人は

それでも欲しいなら、88元(約1500円)支払ってポイントカードを買いましょう。

ですが、ポイントカードはペラペラの薄紙です。

僕は中国の電話番号を持っていないので、こんな紙に1500円払えるか!!と思って買いませんでした。

しかし、ポイントカードもペラペラじゃなくて、普通のスタバカードみたいなカードもあります。

これです!これはちゃんとしたやつでした。

僕が買ったところでは、この他にもデザインがありました。

このデザインがあったお店は豫園近くのスタバです。


このスタバは風貌が完全に中国。

でも、中は普通のスタバ。

ここで、スタバのポイントカードが売っている。

是非、ポイントカードが欲しい人はここへ。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存