【夜行バス】ヤンゴンからバガンまで格安に移動する方法

スポンサーリンク

ヤンゴンからバガンへの移動

旅行者が使えるミャンマーの都市間の移動は、バスと飛行機がメインとなります。特にバスは種類も多く、安いため欧米人を含め移動の主な手段になります。

本数も多いことから当日の予約も可能ですが、席が埋まっていたら乗れないこともあるので、前日までの予約をお勧めします。※ツーリストバスは満席になっていることはなかったが、念のため前日の予約が安心。

※バガン(Bagan)の呼び名は、昔はパガンでありどちらも間違いではないです。

スポンサーリンク

バスの本数と値段

ヤンゴンからパガンへのバスは朝昼晩とバスが出ています。ミャンマーは宿が高いので夜行バスを駆使すると、上手い事宿代を節約できる。

僕が聞いたところによると、値段は夜夜行バスでは2種類あって、14300チャットとランクを上げれば19ドルというのもあった。僕は宿でバスの予約をとりました。バスターミナルで直接予約をする方が安くすむと思いますが、バスターミナルは中心街から約20キロのところにあるので、そこまで行く手間と時間がもったいないと思ったからです。

ちなみに、ミャンマーはバスが発達しており、ヤンゴンからだとバガン行き、マンダレー行き、インレー行き等の主要な都市への夜行バスは毎日運航されている。

出発時刻は、夜は20時半と21時半のがある。

バスの発着場

バスの発着場はアング・ミンガラー・ハイウェイ・バス・ステーションというバスターミナルだ。ヤンゴン中心街からは約20キロ離れており、空港よりも遠い。

出発が夜の時間帯なので、ローカルバスを使うよりタクシーで向かったほうが賢明だろう。ちなみに僕はタクシー移動したので、ローカルバスのことはわからないので、ローカルバスで安く行きたいのなら、他の人のブログを参考にしてほしい。

中心街からは空いていれば30分前後でバスターミナルまで到着するが、夜の時間は渋滞することが多く、1時間以上は時間を見ておいた方がいい。ここまでタクシーで10,000チャットで行ける。8000チャットでも行けるが、断られる可能性もある。12,000チャットであれば快く行ってくれるだろう。

タクシーの相場もまとめたので参考にしてくれると嬉しい。

バスの選択

バスは2種類あったが、僕は安いほうをチョイスした。節約して旅をしていたので、節約できるところは節約しようと思っていた。もし、安いほうでクオリティーが悪ければパガンから帰るときに高いほうにすれば良いと思った。

パガンまではだいたい8時間前後の乗車時間なので、そんなに苦ではない。これが12時間を超えるようなら考えるが、たかが8時間なら大丈夫だ。

前日までに予約したほうがいいと言ってはいるが、当日の朝の予約で余裕だった。ちなみにバスターミナルは日帰りでゴールデンロックへ行ったときと同じバスターミナル。

21時半の出発だが、集合時間は出発の30分前の21時。バスのチケットを予約してくれた宿のおっちゃんは、18時半に宿を出たほうがいいと言っていた。多少渋滞があるのは知っていた。

いざバスターミナルへ

バスターミナルまで10000チャット。タクシーは宿の人に頼んだので、時刻通り18時半に来た。バスターミナルまでは渋滞があり、1時間20分後の19:50分に到着した。待機所があり、充電もできる。むしろミャンマーでこんなちゃんとしたバスターミナルがあるとは思わなかった。

バス会社毎に待機所があり、ローカルバスターミナルとは道を挟んでちょっと違うところだった。かなり大きなバス会社が何個もあり、ローカルバスターミナルとは一味違う。

近くには食堂がある。そこでご飯を食べた。ご飯はこれでもかってくらい出た。お腹いっぱいになって二人で4000チャット。

そのあとはバスターミナルのEiteという会社の待機所で待つ。充電できる。

バスに乗車

バスが来たので乗り込む。出発30分前の21時。荷物を預けて、バスに乗り込む。

バスは思ったよりも綺麗。トイレこそ付いていないが、1人一台端末がついている。そしてUSB端末もついているので、充電もできる。日本よりもすごいわ!しかも映画も見れる。何より日本語対応。日本の映画もみれる。あずみが入っていた。他は英語の映画が多かった。定刻の21時半にバスは出発。

まさかのミャンマーでのハイテク機器。テンションが上がった。

寒さ対策は必須

バスに乗った当初は、あまり寒いと思わなかったが、長時間いると寒い。ブランケット用意されているものの、長ズボン長袖必須だ。舐めてかかると高確率で風邪をひく。僕はパガン行きのバスで体調がおかしくなり、パガンからインレーの夜行バスで完全にダウンした。今思えば、この時の寒さ対策が甘かったせいで体調を崩し始めた

途中、軽食とホットドリンクがもらえた。でもドリンクはホットコーヒー。しかもめっちゃ甘い。トイレにも行きたくなるので少し飲んであとは残した。

12時すぎにトイレ休憩。といっても、休憩所などない。何もないところに停まってみんな立ちション。女性もだ。この旅1番のカオス状態。1時半すぎにはちゃんとした停留所で休憩。

ここで歯磨きと顔吹きタオルをもらう。ガチで最高のバス会社だわ!この休憩所にはトイレも食べ物もある。ここで30分の休憩をして、バガンへ。

パガンに到着

ちょくちょく起きるも朝5時半くらいに電灯がついた。そろそろバガンへ到着する模様。バガンに入ると入場料が必要になると聞いていたので、それが必要かと思いきや、何もなく終点と告げられた。

朝6時にバガンに到着。到着したところは街からちょっと離れたところのバスターミナル。

朝6時という早朝であるが、バスが到着した瞬間にタクシーが寄ってくる。バスターミナルから宿のあるニャウンウーやニューバガンまではとても歩くことのできる距離ではないので、タクシーで街まで行くんだけど、悪質な高い勧誘が待っていた。

声をかけてくる奴らはマジで信用しないほうが良い。最初はホテルに行く前にサンライズはどうかと聞いて来た。この日はちょうど晴天だったので、ちょっと食らいついたら、フォーティーファイブだと言ってくる。バスターミナルから街までは8キロくらいなので、ミャンマーの物価から考えたら4500チャットは妥当だと思った。でも話を聞くと45,000チャット。約4000円くらい。ちょっとボリ過ぎだろ(笑)と思った。思わず笑っちゃったよね。

ちなみにホテルだけと聞くと20,000チャット。これもボリ過ぎ。さすがに酷いわ。そしてちょうど同じバスに日本人の方がいて、一緒にタクシーをシェアして行こうという話になった。

車で10分の距離。ヤンゴンなら車で1時間離れたところ(約20キロ)でも10,000チャットで行ってくれる。歩くふりをしたら、1人3000チャットまで落ちた。ここらへんでいいかと思ったが、更に値下げしようとする。最終的には1人2000チャットまで下げることができた。合計6000チャット。

後から知ったが、バスターミナルにはタクシー料金が書いてありニャウンウーまで5000チャット。オールドバガン7000チャット。ニューバガン8000チャットだった。運転手がかなりサンライズとか言ってくる。かなりダルい。1回目ならまだしも4回くらい言ってくるのでさすがにウザい。そしてバガンへの入場料25,000チャット(5日間)を支払いニャウンウーの街に入る。入場券は5日間使えるが以前までは7日間使えたらしい。

これがバガンの入場チケット。提示を求められることはほとんどないが、持ち歩いておいた方が良い。

その他情報

朝6時に到着しましたが、この日のサンライズはやめた方がいいです。なぜならサンライズはもう少し前から見た方が綺麗だからです。サンライズは6時半くらいからですので、既に6時を超えているなら、見ることは見れると思いますが、もっと準備をして行った方がいいと思います。

この時はまだ、ここらへんの地形も理解していないと思いますので、どこがいいかドライバーの言いなりになるでしょう。知っていれば、朝日と気球がみれるポイントもありますので、そちらを調べていくのをお勧めします。

こんな感じで無数の気球と朝日を見ることができます。

そして、朝に宿についてどうしようかと思うかもしれませんが、観光客は高確率で朝着の夜行バスで来ているので、宿もそのことをわかっています。そのため、宿が満室でなけえればチェックインすることが可能です。僕は、朝7時前に宿に到着しましたが、そのまま部屋を使うことができ、仮眠してからパガンの観光へ行きました。

パガン観光がどういうものかというとこの記事を見れば素晴らしさがわかります。そして到着日は午前中はゆっくり休んで、午後から移動して夕陽鑑賞をしましょう。とても綺麗ですよ。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存