【バックパッカー向け】ヨーロッパを飛行機を使って格安に移動する方法

スポンサーリンク

ヨーロッパで格安に移動して移動費を浮かす方法

ヨーロッパではアジアよりも交通網が発達しています。

日本では考えられないですが、国間の移動も容易にすることができ、格安に移動するなら飛行機が1番安いです。

その次にバスです。

最後になりますが列車があります。

スポンサーリンク

ヨーロッパのLCC

ヨーロッパでは日本よりもLCCが発達しており、最安値では5ユーロから移動することができます。

基本料金はかなり安いですが、注意点があります。

それは荷物の料金と罰金です。

細かく言うと路線や時間帯、空港から市内中心部までの移動費もあるので、総合的に考えなくてはなりません。

飛行機の予約方法

飛行機の予約は早ければ早いほうが安いです。

2週間後のフライトと2ヶ月後のフライトを比べると圧倒的に2ヶ月後のフライトが安いです。

飛行機の良いところは遠い距離でも安く早く着けることができる点です。

荷物の料金と罰金

ヨーロッパのLCCで気をつけなくてはならない点は荷物の料金と罰金です。

特に荷物は重要です。

フライトは3000円だけど、荷物を預けると6000円もがかかるなんてザラにあります。

人間よりも荷物が高いとはどういうことでしょうか。

荷物が1番厳しいのはWizzAir(ウィズエアー)です。

その次にライアンエアーと続きます。

荷物を預けずに全て機内に持ち込むことができれば、相当安く移動できるので荷物を機内に持ち込むことをお勧めします。

罰金について

ヨーロッパのLCCは罰金だらけです。

オンラインチェックインをしなければ罰金。

チケットを印刷してなければ罰金。

荷物がオーバーしていれば罰金。

ビザチェックをしていなければ罰金と罰金だらけです。

その分安くしているので仕方ないですが、できるだけ罰金はとられないように事前準備するしかありません。

荷物の重量について

荷物のチェックは基本的にチェックインの時に行います。

この時に重さを測り、重量がオーバーしてたらお金を支払う必要があります。

この時はしっかりと重量以内にするために洋服を着込んだり、ポケットに荷物を入れたりしてどうにか重量チェックをクリアしましょう。

ここをクリアしたら後は搭乗ゲートでのチェックがあります。

ここでのチェックは目視だけなので、明らかにサイズオーバーをしていなければ大丈夫です。

ここらへんのテクニックは最終手段なので、できる限り使うのはやめましょう。

重量をどうしてもオーバーしてしまう人はバスでの移動のほうが安くなります。

格安フライトを見つける方法

飛行機はかなり安い移動方法という事がわかったと思います。

実際にどのように格安の飛行機を見つけるのでしょうか?

スカイスキャナーで探す

まずはスカイスキャナーでフライトを探してみましょう。

ここでのポイントは、目的地を決めないことです。

出発地と日にちだけを決めて、安いフライトを探しましょう。

目的地を決めていたら、出発地と目的地と日にちを入力します。

これで最安値のフライトを見つけます。

スカイスキャナーで調べるのは航空会社までにしましょう。

ここで予約するのではなく、本家ホームページでプロモーションがやっているかもしれません。

本家ホームページにいって、プロモーションを見ましょう。

更に安いフライトが見つかるかもしれません。

フライトの日程まで1ヶ月を切っていたら、すぐに予約したほうが良いです。

フライトまで3ヶ月以上の期間が空いているなら、プロモーションを待っていても良いでしょう。

トータル金額を考えて

ヨーロッパのLCCを使う時の注意点は追加料金の有無と空港までの移動です。

もちろんペナルティは受けないのは大前提です。

特に預け荷物をすると料金が跳ね上がります。

荷物は預けずに。

またLCCは郊外の空港を使うときが多いです。

フライト料金は15ユーロ、市内から空港まで20ユーロ、空港から市内まで20ユーロなんてこともあります。

合計55ユーロかかってしまい、あまりレガシーキャリアと変わらないなんてこともあります。

LCCを利用するのは値段以外ありえません。

それが郊外の空港を使うと、メリットが無くなる時があります。

僕は実際に郊外の空港を利用したので、バスで行ったほうが安いなんてこともありました。

ヨーロッパ内でのLCCの利用はペナルティと追加料金、空港までの移動費の合計金額をしっかり考えて利用しましょう。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存