【夜行バス】カッパドキアからトラブゾンへの移動

スポンサーリンク

カッパドキアのギョレメからトラブゾンまでの移動はダイレクトバスがないらしい

ギョレメからアンカラ、アンカラからトラブゾンへの移動が必要らしい。

聞いたところによるとギョレメからアンカラまで4時間、アンカラからトラブゾンまで12時間の移動らしい。

という事をフェティエのメトロ社の人が言っていたが、実際にカッパドキア(ギョレメ)のオトガル(バスターミナル)で聞いてみたところカッパドキアからトラブゾンの直通バスはありました。19:40発翌日8:00トラブゾン着でした。ギョレメからトラブゾン行きのバスはありますが、この日は僕らしかギョレメで乗りませんでした。ギョレメは田舎でトラブゾン行きのバスに乗る人はほとんどいません。そのため、どこから出発しているかかわかりませんが、ギョレメを経由してトラブゾンへ行きます。そのため直前の予約ではバス自体がギョレメへ寄らない可能性があります。誰も乗らないのにギョレメを経由する必要がないため。そのため、ギョレメからトラブゾンなどへ行く場合は前日の予約がいいと思います。

ギョレメのオトガルは街の中心にあり、ホテルからアクセスが良かった。そして今回僕が乗ったメトロのバスのクラスはsuitではなくclassでした。suitでは3列シートでしたが、classでは4列シートでした。トラブゾン行きでは人が少なく、途中で人が降りるので23時過ぎには席の1/3も埋まってませんでした。classでも飲み物のサービスやUSB充電、映画などのサービスはありましたが、Wi-Fiはついてなかったです。

トラブゾン到着
トラブゾンのオトガルは中心街から2キロくらい離れている。歩けない距離ではないが、メトロのバスに乗ったため、セルヴィスというシャトルバスサービスが無料で受けられる。このセルヴィスに乗って、中心街にあるメトロオフィスまで行った。トラブゾンへはスメラ修道院を見に行きたかったので行った。調べてみると中心街にはトラベルエージェントがたくさんあり、スメラ修道院までのツアーがあるという情報があった。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存