【ジョージア】クタイシでiPhoneを直す

スポンサーリンク

お酒好きで有名なメディコ&スリコゲストハウスでスリコと差しのみしていたら、iPhoneを酔っ払って落としてしまいました。

クタイシでiPhoneを直そうとした時の話です。

リペアショップを探す

クタイシでリペアショップがあるか疑問です。しかし、なんとか見つけました。

ここらへんに2件リペアショップがありました。

まさかクタイシであるとは思わなかったです。グーグルマップには載ってませんでしたが、携帯ショップで直せます。この道沿いにありました。

小さくてわかりずらいですが、スマホの看板をだしています。

スポンサーリンク

壊れた原因

たぶん原因は落下でのディスプレイケーブルの断線だと思います。

断線という判断は画面がつかない。PCに繋ぐと音が出るので電源自体は生きている。それをネットで調べてみるとディスプレイケーブルのゆるみか断線が濃厚とのこと。

僕はiPhoneのガラスくらいは自分で張り替えることができ、一回は分解したこともあります

自分で確認もできますが、工具は持ってきていません。

そのため、クタイシの携帯ショップで直してもらうことにしました。料金はどのくらいになるかわかりませんが、クタイシの噴水広場の近くのバザーにスマホショップがあったので、入ってみました。

気になるリペア料金

気になるのはコストです。明らかに高いと困りますが、聞いてみたところ30ラリ(約1400円)だったので、やってもらうことにしました。

これは分解して直った時の料金ですので、実際は部品代が上乗せされるそうです。

部品代を含めたお金は150ラリ(約6900円)でした。原因はディスプレイの故障らしいので、それを含めるとこの料金でした。

ちょっと高すぎでした。分解までしてもらってここでは直しませんでした。

日本のAmazonでパーツを調べてみると2000円しないので、帰ってから直そうと思いました。

壊れた部分はこちらのパネルです。そして保険も使えるので帰ったら保険でもいいかと思います。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存