クタイシ郊外の観光

スポンサーリンク

ゲラティ修道院(Gelati Monastery)という所に行ってきました。

ゲラティ修道院の所在地

グーグルマップでみるとここになります。

ちょっとクタイシの中心地から離れています。少ないですが、ここへはバスで行くことができます。

スポンサーリンク

バスの発着場所

行き方は噴水広場(センタースクエア)の近くのシアターの裏から出ているマルシュ(ミニバス)で行きます。

このマーケットを目指してください。シアターの裏にあります。この前に駐車場があり、そこで乗ります。

料金

マルシュの料金は全て1ラリでした。

ゲラティは無料でした。近くにあるモツァメタも入場料は無料でした。

ゲラティ行きのバスの時間

時間は11、14時のバスがいいとメディコが言ってました。

11時のバスで行こうとしました。たぶんもっと早い時間と遅い時間もあると思いますが、観光にはこの時間が良いのでしょう。到着は11時20分でした。

バスの降り場と帰りの時間

バスは終点で教会に到着です。バスを降りるときに帰りの時間は14時25分だからと言われました。

早く帰りたい人の行動

観光はぶっちゃけ15分で十分です。長くても30分で飽きます。

早く帰りたいならタクシーで帰る方法もあります。乗合タクシーなら1人5ラリでクタイシまで送ってくれると言ってましたが、人が集まらないと出発しないです。

その他には、自力で大きな道まで降り、マルシュを捕まえる事です。だいたい30分もあれば、大きな道まで降りれるのでここでマルシュを捕まえれば帰れます。マルシュは結構ありました。

他の観光地

近くにあるモツァメタ(Motsameta Monastery)という観光地も有名です。僕はゲラティ修道院から歩こうとしましたが、途中でマルシュを捕まえました。

ゲラティからモツァメタまでは6キロ弱あります。歩けなくはないですが、遠いです。ゲラティから大きな道まで徒歩(約2キロ)、そこからモツァメタの近くまでマルシュ(約2キロ)、そこからモツァメタまで徒歩でした(約2キロ)。

ぶっちゃけ、ゲラティで最初からタクシーで行けば良いと思いました。

グーグルマップで調べると、6.8キロあるそうです。所要時間は1時間半でした。

モツァメタからの帰り

帰りは来た道を戻ります。2キロ程戻って、大きな道まで戻ったらマルシュを捕まえます。

僕は10分も待たずにマルシュが来ました。戻ってきた場所は最初に乗ったTheaterの後ろです。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存